レクサス「LS」一部改良、「LS460」にロングと四駆を追加

2008.08.28 自動車ニュース
「LS460L“後席セパレートシートpackage”」
レクサス「LS460」にロングボディと四駆モデルが追加

レクサス「LS」一部改良、「LS460」にロングと四駆を追加

トヨタ自動車は、レクサス「LS460」にロングバージョンの「LS460L」と、フルタイムAWDを搭載した「LS460 AWD/LS460L AWD」を追加設定するとともに、LS全車を一部改良し、2008年9月1日に発売する。

後席セパレートシート
レクサス「LS460」にロングボディと四駆モデルが追加

今回追加されたロングバージョンの「LS460L」は、「LS600hL」と同じく、「LS460」よりホイールベースを120mm延長することで、後席の居住性を重視したリムジン仕様。もちろん、リアが2人乗りになる“後席セパレートシートpackage”の専用シートも設定される。
また、LS600h/LS600hLに用意される、4輪を駆動するフルタイムAWD搭載モデル「LS460 AWD/LS460L AWD」も追加し、ラインナップの充実を図った。

その他変更点として、LS600h専用だった、ブラック&ライトグレーの内装色を「LS460」に追加設定したほか、運転席に加え助手席にもポジションメモリーを新採用。 急制動時に後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルや、一部グレードによってプリクラッシュセーフティシステムを標準装備した。
さらに、荷室のスペアタイヤレス仕様や地上デジタルTVアンテナなどを新たにオプション設定した。

価格は、「LS460」が773.0万円から1031.0万円、「LS460L」は1054.0万円(FR)と1100.0万円(AWD)で、定員4名の“後席セパレートシートpackage”は1183.0万円。
「LS600h」は、973.0万円から1240.0万円、「LS600hL」は1350.0万円と定員4名の“後席セパレートシートpackage”が1510.0万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • デトロイトショー2017(その1) 2017.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は2017年1月9日、2017年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月22日まで)で、新型「レクサスLS」を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る