レクサス「LS」一部改良、「LS460」にロングと四駆を追加

2008.08.28 自動車ニュース
「LS460L“後席セパレートシートpackage”」
レクサス「LS460」にロングボディと四駆モデルが追加

レクサス「LS」一部改良、「LS460」にロングと四駆を追加

トヨタ自動車は、レクサス「LS460」にロングバージョンの「LS460L」と、フルタイムAWDを搭載した「LS460 AWD/LS460L AWD」を追加設定するとともに、LS全車を一部改良し、2008年9月1日に発売する。

後席セパレートシート
レクサス「LS460」にロングボディと四駆モデルが追加

今回追加されたロングバージョンの「LS460L」は、「LS600hL」と同じく、「LS460」よりホイールベースを120mm延長することで、後席の居住性を重視したリムジン仕様。もちろん、リアが2人乗りになる“後席セパレートシートpackage”の専用シートも設定される。
また、LS600h/LS600hLに用意される、4輪を駆動するフルタイムAWD搭載モデル「LS460 AWD/LS460L AWD」も追加し、ラインナップの充実を図った。

その他変更点として、LS600h専用だった、ブラック&ライトグレーの内装色を「LS460」に追加設定したほか、運転席に加え助手席にもポジションメモリーを新採用。 急制動時に後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルや、一部グレードによってプリクラッシュセーフティシステムを標準装備した。
さらに、荷室のスペアタイヤレス仕様や地上デジタルTVアンテナなどを新たにオプション設定した。

価格は、「LS460」が773.0万円から1031.0万円、「LS460L」は1054.0万円(FR)と1100.0万円(AWD)で、定員4名の“後席セパレートシートpackage”は1183.0万円。
「LS600h」は、973.0万円から1240.0万円、「LS600hL」は1350.0万円と定員4名の“後席セパレートシートpackage”が1510.0万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
LSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
ホームへ戻る