フォード「マスタング」にRED HOTな特別仕様車

2008.08.27 自動車ニュース

フォード「マスタング」にRED HOTな特別仕様車

フォード・ジャパン・リミテッドは、マスタングに限定車「V8 GTコンバーチブル RED HOT」を設定し、2008年8月25日に販売を開始した。

■外観はフルブラック、内装は鮮やかなレッド

「マスタング V8 GTコンバーチブル RED HOT」は、最上級グレードの「V8 GTコンバーチブル プレミアム」をベースに、情熱的な赤内装を採用したリミテッドエディションだ。

インテリアは、シートとドアトリムを赤で統一したほか、ダッシュパネルやセンターコンソールリッド、ドアアームレストにレザー調の素材を用いることで質感を高めた。

ボディカラーはブラック、幌の色は通常はキャメルが組み合わされるところをボディと同じブラックで統一したのも特徴。またホイールは専用デザインの18インチ・5スポークアルミホイールが組み合わされる。

価格はベース車の5.0万円高、535.0万円。15台の限定販売となる。

(webCG 曽宮)

マスタングV8 GTコンバーチブル RED HOT
マスタングV8 GTコンバーチブル RED HOT
 
フォード「マスタング」にRED HOTな特別仕様車の画像
インテリアを情熱的な赤で統一した。
インテリアを情熱的な赤で統一した。

関連キーワード:
マスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタングコンバーチブル センテニアルエディション(4AT)【試乗記】 2003.7.26 試乗記 フォード・マスタングコンバーチブル センテニアルエディション(4AT)
    ……472.0万円


    専用シートと、記念オーナメントを随所に付けたマスタングの「フォード100周年記念モデル」。70台限定の“コレクターズ”マスタングのコンバーチブルにのった『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠は、しかしアメリカ車が好きなゆえに……。


  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る