三菱の軽自動車「eKワゴン」「eKスポーツ」がマイナーチェンジ

2008.08.26 自動車ニュース

三菱の軽自動車「eKワゴン」「eKスポーツ」がマイナーチェンジ

三菱自動車は、軽自動車の「eKワゴン」と「eKスポーツ」をマイナーチェンジし、2008年8月21日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、「eKワゴン」「eKスポーツ」ともに内外装に手が加えられた。外観では、フロントにメッキグリルを採用しデザインを一新。内装では、「eKワゴン」の電動スライドドア車に、撥水加工を施した新デザイン生地を、ヒンジドア車には、ベージュ色のメッシュ生地を採用した。
「ekスポーツ」では、インストルメントパネル中央に、シルバーのパネルを施し、ブラック内装に映えるアクセントとした。

装備面では、運転席ドア限定アンロック機能やセキュリティーアラーム、電動格納式ドアミラーの制御、コンフォートフラッシャーなどを備える、電装品の電子制御システム「ETACS」の機能をさらに強化したという。

燃費が向上したのもマイチェンのポイント。エンジン制御の見直しにより、10・15モードで0.2km/リッター(FFの5段MT車では、0.5km/リッター)向上した。

ボディカラーは、「ミントグリーンソリッド」「サンフラワーイエローソリッド」「サクラピンクメタリック」「ダークブルーマイカ」の4色を新たに設定し、全12色を用意。

また、「eKワゴン」には、装備を簡素化したお手頃価格の「MX」グレードが追加された。
価格は、「eKワゴン」が、「M」(FF/5MT)の92万4000円から「GS」(4WD/4AT)の123万9000円まで。「eKスポーツ」は、「X」(FF/4AT)の127万500円から「RS」(4WD/4AT)の155万4000円まで。

今回のマイナーチェンジに伴い、子育てママに便利な機能が備わる特別仕様車の「マーブルエディション」や三菱の福祉車「ハーティーラン」シリーズも、ベース車と同様の変更が施された。

(webCG ワタナベ)

eKワゴン「GS」
eKワゴン「GS」
eKスポーツ「R」
eKスポーツ「R」
特別仕様車「マーブルエディション」
特別仕様車「マーブルエディション」
福祉車ハーティーラン「助手席ムービングシート仕様車」
福祉車ハーティーラン「助手席ムービングシート仕様車」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る