「メルセデス・ベンツ Eクラス」の装備が充実

2008.08.26 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ Eクラス」の装備が充実

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツ Eクラス」に一部改良を加え、2008年8月25日に発売した。

■HDDナビや地デジチューナーを全車に標準装備

2002年デビューの「W211型 Eクラス」に、装備の充実化とグレード体型の見直しが行われた。今回の一部改良は、そろそろモデルチェンジが噂されるEクラスの付加価値を高めるのが狙いと思われる。

シリーズ全般に共通するのは、緊急ブレーキ時にブレーキランプが点滅し、後続車に緊急性のあるブレーキであることを知らせる「アダプティブブレーキライト」が備わったことと、全車標準のナビゲーションシステムがDVDタイプからHDDタイプにグレードアップしたこと。これに伴い、TVチューナーは地上デジタル放送対応となり、インターフェイスもあらゆる操作を共通スイッチでコントロールできる「COMANDシステム」になった。

グレード構成は、E250がスポーティ仕様の「E250アバンギャルド」に改められ、「E300」には本革シートが標準装備された。「E320CDIアバンギャルド」および「E350アバンギャルド」については、より高級なナッパレザーが標準装備され、上質感が高められた。

セダン
E250 アバンギャルド:650.0万円
E300:708.0万円
E300 アバンギャルドS :780.0万円
E320 CDI アバンギャルド:858.0万円
E350 アバンギャルド:849.0万円
E350 4MATIC アバンギャルド:888.0万円
E350 アバンギャルドS:894.0万円
E550 アバンギャルドS:1065.0万円
E63 AMG:1458.0万円


ステーションワゴン
E250 ステーションワゴン アバンギャルド:706.0万円
E300 ステーションワゴン:760.0万円
E320 CDI ステーションワゴン アバンギャルド:896.0万円
E350 ステーションワゴン アバンギャルド:887.0万円
E350 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド:926.0万円
E350 ステーションワゴン アバンギャルドS :932.0万円
E550 ステーションワゴン アバンギャルドS:1095.0万円
E63 AMG ステーションワゴン:1498.0万円

(webCG 曽宮)

メルセデス・ベンツ Eクラス
メルセデス・ベンツ Eクラス

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る