ボルボ「XC」レンジに3つの限定車が登場

2008.08.26 自動車ニュース
「ボルボXC70オーシャンレースエディション」
ボルボ「XCレンジ」に3つの限定車が登場

ボルボ「XC」レンジに3つの限定車が登場

ボルボ・カーズ・ジャパンは、XC70シリーズ、XC90シリーズそれぞれに特別限定車を設定。2008年8月26日に発売した。

■ヨットにインスパイア

ワゴンモデル「XC70」に設定されたのは、世界最大のヨットレース「2008-2009ボルボ・オーシャンレース」の開催を記念した特別仕様車「OCEAN RACE EDITION」(オーシャンレースエディション)だ。

専用のボディカラーやエンブレムをはじめ、ルーフレール、スカッフプレート、ラゲッジカバーなど、ヨットからインスピレーションを受けたという専用アイテムで内外装を飾った。
プレミアムサウンド・オーディオシステムやパーキングアシストなど快適&安全装備も加えられる。価格は、ベース車より35.0万円高い660.0万円。120台の限定販売となる。

「ボルボXC90ノルディック」
「ボルボXC90ノルディック」
「ボルボXC90アールデザイン」の専用インテリア。
「ボルボXC90アールデザイン」の専用インテリア。

■XC90には、シンプル&プレミアム

SUVモデルのXC90にも、3.2リッター直6の「3.2SE AWD」をベースに2種類の限定車が用意された。
「XC90 NORDIC」(ノルディック)は、基本装備を簡素化し価格をおさえたハイコストパフォーマンスモデル。100台の限定販売で、価格は77.0万円も安い(!)598.0万円。

対照的に“プレミアム・スポーツ・ボルボ”を謳う「XC90 R-DESIGN」(アールデザイン)は、アルミホイール、スポーツテールパイプ、スキッドプレートなどの専用パーツでエクステリアをドレスアップし、インテリアにも専用のスポーツシートやステアリングホイールなどを与えた。

プレミアムサウンドオーディオシステムやスポーツサスペンションなど、機能面の充実もアピールポイント。こちらは80台の限定で、価格はベース車より65.0万円高い740.0万円となっている。

なお、これらXCレンジの特別限定車には、新車登録時より3年間メンテナンスなどを受けられる本来有料のサービスプログラム「VSP」(ボルボサービスパスポート)が、無料で付帯する。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.31 試乗記 ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の最上級グレード「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」に試乗。北欧製のプラグインハイブリッドシステムがかなえる走りと、ボルボ最新のインターフェイスの出来栄えをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
ホームへ戻る