ボルボ「XC」レンジに3つの限定車が登場

2008.08.26 自動車ニュース
「ボルボXC70オーシャンレースエディション」
ボルボ「XCレンジ」に3つの限定車が登場

ボルボ「XC」レンジに3つの限定車が登場

ボルボ・カーズ・ジャパンは、XC70シリーズ、XC90シリーズそれぞれに特別限定車を設定。2008年8月26日に発売した。

■ヨットにインスパイア

ワゴンモデル「XC70」に設定されたのは、世界最大のヨットレース「2008-2009ボルボ・オーシャンレース」の開催を記念した特別仕様車「OCEAN RACE EDITION」(オーシャンレースエディション)だ。

専用のボディカラーやエンブレムをはじめ、ルーフレール、スカッフプレート、ラゲッジカバーなど、ヨットからインスピレーションを受けたという専用アイテムで内外装を飾った。
プレミアムサウンド・オーディオシステムやパーキングアシストなど快適&安全装備も加えられる。価格は、ベース車より35.0万円高い660.0万円。120台の限定販売となる。

「ボルボXC90ノルディック」
「ボルボXC90ノルディック」
「ボルボXC90アールデザイン」の専用インテリア。
「ボルボXC90アールデザイン」の専用インテリア。

■XC90には、シンプル&プレミアム

SUVモデルのXC90にも、3.2リッター直6の「3.2SE AWD」をベースに2種類の限定車が用意された。
「XC90 NORDIC」(ノルディック)は、基本装備を簡素化し価格をおさえたハイコストパフォーマンスモデル。100台の限定販売で、価格は77.0万円も安い(!)598.0万円。

対照的に“プレミアム・スポーツ・ボルボ”を謳う「XC90 R-DESIGN」(アールデザイン)は、アルミホイール、スポーツテールパイプ、スキッドプレートなどの専用パーツでエクステリアをドレスアップし、インテリアにも専用のスポーツシートやステアリングホイールなどを与えた。

プレミアムサウンドオーディオシステムやスポーツサスペンションなど、機能面の充実もアピールポイント。こちらは80台の限定で、価格はベース車より65.0万円高い740.0万円となっている。

なお、これらXCレンジの特別限定車には、新車登録時より3年間メンテナンスなどを受けられる本来有料のサービスプログラム「VSP」(ボルボサービスパスポート)が、無料で付帯する。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る