ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売

2008.08.25 自動車ニュース
「ムーヴコンテ」
ダイハツ、新しい背い高軽「ムーヴコンテ」発売

ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売

ダイハツ工業は、売れ筋モデル「ムーヴ」をベースとした新型軽乗用車「ムーヴコンテ」と「ムーヴコンテ カスタム」を、2008年8月25日に発売した。

ダイハツ工業の箕浦輝幸社長。「ムーヴコンテは、最新のクリーンな工場で生まれたモデルでもあります」と、生産段階でのエネルギー消費量削減もアピールした。
ダイハツ工業の箕浦輝幸社長。「ムーヴコンテは、最新のクリーンな工場で生まれたモデルでもあります」と、生産段階でのエネルギー消費量削減もアピールした。
 
ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売の画像

■ターゲットは20代30代の若年層

今回発売された「ムーヴコンテ」「ムーヴコンテ カスタム」は、その名の通り、ダイハツの主力モデル「ムーヴ」の派生車種。ムーヴのDNAである“広さ”“高い基本性能”を受け継ぎながら、ムダをなくして飽きのこないシンプルスタイルに、便利な機能や収納を備え、居心地のいい室内を追求したという。

ターゲットは、「ムーヴコンテ」がナチュラル志向の20代〜30代の女性、「ムーヴコンテ カスタム」がモダンスタイル志向の20代男性とした。
ネーミングの「コンテ」は、“Continuity”「台本(自分らしい生活を描く)」と、“Comfortable Interior”「乗る人の心地よさを追求したクルマ」の意味が込められている。

エンジンはコンテに58psのNAが、カスタムにはNAのほか64psのターボユニットもラインナップ。CVTの採用を推進する同社だけに、トランスミッションはCVTを基本とし、NAの一部グレードで4段ATを選ぶことができる。駆動方式はFFと4WD。

価格は、ムーヴコンテが103万9500円から140万1750円、ムーヴコンテ カスタムは133万3500円から167万4750円まで。目標月間販売台数は、4000台。
根強い人気の「スズキ・ワゴンR」や「ホンダ・ライフ」などがモデルチェンジをする前に、20代〜30代の若年層を囲みたい狙いだ。

ムーヴコンテ カスタムのサイドビュー。
ムーヴコンテ カスタムのサイドビュー。
 
ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売の画像

■スクエアボディが特徴

ムーヴより背が高く、見切りのよいスクエアなフォルムが特徴のムーヴコンテ。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=3395×1475×1645mmで、ムーヴより15mm高い。室内高は、40mm上回る1350mmとなった。

インテリアはエクステリアのデザインコンセプトを踏襲しつつ、居心地のよさを追求。水平基調のシンプルなインストゥルメントパネルに、ドアトリムに繋がるアクセントカラードラインが広さを演出。プレミアムソファシートに施されたアクセントカラーとのコーディネイトでオシャレ感をプラスし、居心地のよい室内空間とした。

運転席には、電動パワーエントリーシートを採用。フロントウィンドウの赤外線カットガラスは、ダイハツ初採用という。

さらに、運転席シートリフターやチルトステアリング、リバース連動ドアミラー、リバース連動リアワイパーなどはもちろん、助手席シートアンダートレイなどいたるところに収納スペースを設け、使い勝手をアピールする。

後席は、左右それぞれがリクライニング可能。背面を前に倒すことで、荷室空間を拡大できる。

 
ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売の画像
 
ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売の画像

■ムーヴよりもソフトに

基本構造をムーヴより受け継ぎつつも、「コンテ」独自の改良も施されている。

防音材やサイレンサーなどを見直し、室内への騒音侵入を抑えることで、静粛性が高められた。同時にAピラーやドアミラー形状を変更し、風切り音も低減されている。

サスペンションにもチューニングが施され、全体的にはムーヴよりソフトな味付けとされているという。

エンジンはムーヴと同じく2本立て。658cc直3「KF-VE型」NAユニットは、最高出力58psと最大トルク6.6kgmを発生する。カスタム用の「KF-DET型」ターボは、64psと10.5kgmのアウトプット。
それぞれにCVTが組み合わせられ、コンテのNAモデルにのみ4段ATが用意される。

「ムーヴコンテ カスタム」
「ムーヴコンテ カスタム」
 
ダイハツ、新しい背高軽「ムーヴコンテ」発売の画像

■カスタムも

都会的なイメージのムーヴコンテ カスタムは、縦型2灯式のディスチャージヘッドランプや、コンビネーションフロントグリルに、サイドストーンガードや、リアスポイラーなどを装備したドレスアップモデル。
ブラック基調のインテリアも、メッキパーツや3眼メーターなどでクールな印象に。「カスタムRS」には、MOMO本革ステアリングホイールやインパネミスティックイルミネーションなどが備わる。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る