【スペック】全長×全幅×全高=2985×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(プロトタイプ)

トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】

新しいエコカー 2008.08.25 試乗記 トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)

トヨタの新世代スモールカー「iQ」がいよいよ発売となる。3メートルほどのボディに大人3人+子供1人を乗せる。発売前にプロトタイプでその走り、ハンドリングを試した。

大人3+子供1を可能にした秘密は

今年2008年3月のジュネーブショーは、忘れられないモーターショーになった。「トヨタiQ」のプロトタイプを見ようと集まった報道陣の数が、尋常じゃなかったからだ。あれに比べれば東京モーターショーでの“GT-R祭り”など、カワイイもんである。たった1台にあそこまで人が集まるなんて。トヨタの影響力の大きさ、CO2排出量99g/kmというプリウス以上のエコ性能への関心の高さを思い知らされた。

そのiQが、この秋発売される。それを前に、プロトタイプにテストコースで乗りませんかという案内が舞い込んだ。このテの試乗会は何度も経験しているけれど、今回ほど進んで乗りに行きたいと思ったクルマはなかったかもしれない。

“全長2985mmに大人3人+子供1人のキャビン”をモノにできた秘密は、パワーユニットの配置を前後逆転させ、エンジンの後ろにあったフロントタイヤを前に出し、ペダルを前進できたことが大きい。さらにエアコンユニットを小型化しセンターに押し込んで助手席の前を広げ、燃料タンクを床下にもぐり込ませて後席の位置までリアタイヤを前進させ、ステアリングギアボックスは上に移動してエンジンとの干渉を避けたという技もある。ブレークスルーの集合体だ。

そのぶん荷室は定員乗車ではアタッシェケースを差し込むぐらいしかないが、後席はたしかに助手席側なら身長170cmの自分が座れる。直後にリアウィンドウがせまるのが気になるけれど、衝突安全性は世界初となるリアウィンドウカーテンエアバッグ(!)で対処しているという。

続いて運転席へ。右ハンドルでもペダルのオフセットはない。高くて奥行きがあるインパネは、マンタ(世界最大のエイ)をモチーフにしたチタンカラーのアクセントがセンターパネルやメーターカバー、ドアトリムに使われる。シートカラーはプラム。でも色調が抑えてあるので、飛びぬけて個性的というわけではない。外部のプロダクトデザイナーなどとのコラボモデルも期待したいところだ。


トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】の画像
シート表皮は2種類が用意されていた。
シート表皮は2種類が用意されていた。
ラゲッジスペースは4名乗車時で32リッター、リアシートを倒すことで232リッターまで拡大が可能。
ラゲッジスペースは4名乗車時で32リッター、リアシートを倒すことで232リッターまで拡大が可能。
テストコースでは、最小回転半径3.9mという取りまわしの良さを試すこともできた。
テストコースでは、最小回転半径3.9mという取りまわしの良さを試すこともできた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る