【スペック】全長×全幅×全高=2985×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(プロトタイプ)

トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】

新しいエコカー 2008.08.25 試乗記 トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)

トヨタの新世代スモールカー「iQ」がいよいよ発売となる。3メートルほどのボディに大人3人+子供1人を乗せる。発売前にプロトタイプでその走り、ハンドリングを試した。

大人3+子供1を可能にした秘密は

今年2008年3月のジュネーブショーは、忘れられないモーターショーになった。「トヨタiQ」のプロトタイプを見ようと集まった報道陣の数が、尋常じゃなかったからだ。あれに比べれば東京モーターショーでの“GT-R祭り”など、カワイイもんである。たった1台にあそこまで人が集まるなんて。トヨタの影響力の大きさ、CO2排出量99g/kmというプリウス以上のエコ性能への関心の高さを思い知らされた。

そのiQが、この秋発売される。それを前に、プロトタイプにテストコースで乗りませんかという案内が舞い込んだ。このテの試乗会は何度も経験しているけれど、今回ほど進んで乗りに行きたいと思ったクルマはなかったかもしれない。

“全長2985mmに大人3人+子供1人のキャビン”をモノにできた秘密は、パワーユニットの配置を前後逆転させ、エンジンの後ろにあったフロントタイヤを前に出し、ペダルを前進できたことが大きい。さらにエアコンユニットを小型化しセンターに押し込んで助手席の前を広げ、燃料タンクを床下にもぐり込ませて後席の位置までリアタイヤを前進させ、ステアリングギアボックスは上に移動してエンジンとの干渉を避けたという技もある。ブレークスルーの集合体だ。

そのぶん荷室は定員乗車ではアタッシェケースを差し込むぐらいしかないが、後席はたしかに助手席側なら身長170cmの自分が座れる。直後にリアウィンドウがせまるのが気になるけれど、衝突安全性は世界初となるリアウィンドウカーテンエアバッグ(!)で対処しているという。

続いて運転席へ。右ハンドルでもペダルのオフセットはない。高くて奥行きがあるインパネは、マンタ(世界最大のエイ)をモチーフにしたチタンカラーのアクセントがセンターパネルやメーターカバー、ドアトリムに使われる。シートカラーはプラム。でも色調が抑えてあるので、飛びぬけて個性的というわけではない。外部のプロダクトデザイナーなどとのコラボモデルも期待したいところだ。


トヨタiQプロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】の画像
シート表皮は2種類が用意されていた。
シート表皮は2種類が用意されていた。
ラゲッジスペースは4名乗車時で32リッター、リアシートを倒すことで232リッターまで拡大が可能。
ラゲッジスペースは4名乗車時で32リッター、リアシートを倒すことで232リッターまで拡大が可能。
テストコースでは、最小回転半径3.9mという取りまわしの良さを試すこともできた。
テストコースでは、最小回転半径3.9mという取りまわしの良さを試すこともできた。
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る