第12戦ヨーロッパGP決勝結果【F1 08 速報】

2008.08.24 自動車ニュース

【F1 08 速報】第12戦ヨーロッパGP、市街地でマッサ完勝

F1世界選手権第12戦ヨーロッパGP決勝が、2008年8月24日、地中海沿いのスペインの都市バレンシアのストリートサーキット(5.419km)を57周して行われた。

フェルナンド・アロンソの大人気を背景に開かれる今年2回目の“スペインGP”。初コースで優勝したのは、フェラーリのフェリッペ・マッサだった。
自身今シーズン4勝目はポールポジションからの完勝。ピットレーンでの危険行為が審議の対象となり、レース後発表される結果によってはそのポジションを失いかねない状況だったが、警告と罰金で事なきを得た。

2位はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。マッサの後塵を拝したものの、チャンピオンシップ首位の座は守った。3位はBMWザウバーのロバート・クビサで今年5回目のポディウムにのぼった。

予選からひとつ順位を上げ4位でゴールしたのはマクラーレンのヘイキ・コバライネン。トヨタのヤルノ・トゥルーリは5位、この週末好調さを維持したトロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが6位、体調不良のなか暑いレースを戦いきったトヨタのティモ・グロック7位、そしてウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグが第5戦トルコGP以来の入賞となる8位でフィニッシュした。

以下、9位ニック・ハイドフェルド(BMW)、10位セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)、11位ネルソン・ピケJr(ルノー)、12位マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー)、13位ジェンソン・バトン(ホンダ)、14位ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・フェラーリ)、15位中嶋一貴(ウィリアムズ)、16位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)、17位デイヴィッド・クルタード(レッドブル)らが完走した。

地元のヒーロー、アロンソは、オープニングラップ中の中嶋との接触によりリタイア。チャンピオンのキミ・ライコネンはエンジンブローで戦列を去った。

チャンピオンシップは、ハミルトンが70点で首位をキープ。2位マッサ(64点)、3位ライコネン(57点)、4位クビサ(55点)というオーダーとなった。

(文=bg)


第12戦ヨーロッパGP決勝結果【F1 08 速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。