「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

2008.08.22 自動車ニュース
「2.0TSI スポーツライン」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、上級セダン「パサート」のうち「2.0T」の仕様を一部変更。後継グレード「2.0TSI スポーツライン」として2008年8月21日に発売した。

日本市場初採用となる「オプティカルパーキングシステム」の画面。
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「パサート2.0T」は、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティモデル。今回、仕様変更とともに「パサート2.0TSI スポーツライン」と名称が変更された。

搭載される直噴2リッター直4エンジンは、出力こそ従来とほぼ同じ(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)ながら、軽量コンパクト化を実現。燃費は10.4km/リッターから10.6km/リッターへ向上したという。
装備面では従来オプション装備だった「バイキセノンヘッドライト」や「レザーシート」を標準で装備し、上級セグメント車としての魅力をアピールする。
価格は410.0万円。

「パサートV6 4MOTION」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

同時に、シリーズ最上位グレードたる「パサートV6 4MOTION」と、「パサートヴァリアントV6 4MOTION」の装備を大幅に変更。日本市場初採用となるアダプティブシャシーコントロールをはじめ、パドルシフト、マルチファンクションステアリングホイール、純正HDDナビゲーションシステム、オプティカルパーキングシステムなどが採用された。

価格はセダンの「パサートV6 4MOTION」が従来モデルの42.0万円高となる492.0万円。ワゴンの「パサート ヴァリアントV6 4MOTION)が同46.0万円高の512.0万円となる。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
ホームへ戻る