「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

2008.08.22 自動車ニュース
「2.0TSI スポーツライン」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、上級セダン「パサート」のうち「2.0T」の仕様を一部変更。後継グレード「2.0TSI スポーツライン」として2008年8月21日に発売した。

日本市場初採用となる「オプティカルパーキングシステム」の画面。
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「パサート2.0T」は、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティモデル。今回、仕様変更とともに「パサート2.0TSI スポーツライン」と名称が変更された。

搭載される直噴2リッター直4エンジンは、出力こそ従来とほぼ同じ(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)ながら、軽量コンパクト化を実現。燃費は10.4km/リッターから10.6km/リッターへ向上したという。
装備面では従来オプション装備だった「バイキセノンヘッドライト」や「レザーシート」を標準で装備し、上級セグメント車としての魅力をアピールする。
価格は410.0万円。

「パサートV6 4MOTION」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

同時に、シリーズ最上位グレードたる「パサートV6 4MOTION」と、「パサートヴァリアントV6 4MOTION」の装備を大幅に変更。日本市場初採用となるアダプティブシャシーコントロールをはじめ、パドルシフト、マルチファンクションステアリングホイール、純正HDDナビゲーションシステム、オプティカルパーキングシステムなどが採用された。

価格はセダンの「パサートV6 4MOTION」が従来モデルの42.0万円高となる492.0万円。ワゴンの「パサート ヴァリアントV6 4MOTION)が同46.0万円高の512.0万円となる。

(webCG 玉城)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る