「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

2008.08.22 自動車ニュース
「2.0TSI スポーツライン」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「VWパサート」に新グレード「2.0TSI スポーツライン」が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、上級セダン「パサート」のうち「2.0T」の仕様を一部変更。後継グレード「2.0TSI スポーツライン」として2008年8月21日に発売した。

日本市場初採用となる「オプティカルパーキングシステム」の画面。
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

「パサート2.0T」は、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティモデル。今回、仕様変更とともに「パサート2.0TSI スポーツライン」と名称が変更された。

搭載される直噴2リッター直4エンジンは、出力こそ従来とほぼ同じ(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)ながら、軽量コンパクト化を実現。燃費は10.4km/リッターから10.6km/リッターへ向上したという。
装備面では従来オプション装備だった「バイキセノンヘッドライト」や「レザーシート」を標準で装備し、上級セグメント車としての魅力をアピールする。
価格は410.0万円。

「パサートV6 4MOTION」
VW「パサート」に新グレードが登場、V6は大幅仕様変更

同時に、シリーズ最上位グレードたる「パサートV6 4MOTION」と、「パサートヴァリアントV6 4MOTION」の装備を大幅に変更。日本市場初採用となるアダプティブシャシーコントロールをはじめ、パドルシフト、マルチファンクションステアリングホイール、純正HDDナビゲーションシステム、オプティカルパーキングシステムなどが採用された。

価格はセダンの「パサートV6 4MOTION」が従来モデルの42.0万円高となる492.0万円。ワゴンの「パサート ヴァリアントV6 4MOTION)が同46.0万円高の512.0万円となる。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン/パサートヴァリアントTSI ... 2015.9.11 試乗記
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/6MT)【海外試乗記】 2014.10.24 試乗記