【スペック】全長×全幅×全高=3657×1627×1488mm/ホイールベース=2300mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)(欧州仕様車)

フィアット500アバルト(FF/5MT)【海外試乗記】

いつでも、そこに歓びが 2008.08.22 試乗記 フィアット500アバルト(FF/5MT)

復活の「500」に、復活の「アバルト」がドッキング。キュートなマシンをチューニングした「500アバルト」は、サソリのエンブレムに恥じない走りを見せてくれるのか? 

名前だけで期待する

そのルックスだけでひと目惚れという人も、きっと少なくないだろう。復活アバルトの第二弾にして、やはり復活なった「フィアット500」初の派生モデルである、「フィアット500アバルト」の話だ。

モチーフとされているのは、往年の「850TC」や「1000TC」あたり。鼻先に現代的にリファインされたサソリのマークを戴き、大型化されたバンパーを得たフロントマスクや、そのボディカラー、そしてボディ各部に入れられたストライプなど、往年の雰囲気を再現しながらも決してレトロ趣味には陥らず、今の時代のデザインとして成立させているあたりは、さすがイタリアンブランドという印象である。

しかしなんと言っても期待させるのは、その走りっぷりだ。個人的には往年のアバルトのプロダクトについては、文献で得られる知識以上には、ほぼ知らないと言っていい。なにしろ名義貸しではなく実際にアバルトが手掛けた、その名を冠するプロダクトと言えば、「リトモTC」あたりまで遡らなければならないのだから。けれど、その名にはやはり大いに期待してしまう。きっと、そういう人は少なくないはずだ。

小振りなバケットタイプのシートに身を沈めると、中央にアバルトのマークを戴き赤いステッチが入れられた革巻きのステアリング、同じく5段MTのシフトノブに、アルミ製ABCペダルといった定番アイテムが気分を盛り上げる。さらによく見ると、メータークラスター左側には中心にGSI(ギアシフトインジケーター)を備えたブースト計が据えられていることに気付く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る