【スペック】全長×全幅×全高=3657×1627×1488mm/ホイールベース=2300mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)(欧州仕様車)

フィアット500アバルト(FF/5MT)【海外試乗記】

いつでも、そこに歓びが 2008.08.22 試乗記 フィアット500アバルト(FF/5MT)

復活の「500」に、復活の「アバルト」がドッキング。キュートなマシンをチューニングした「500アバルト」は、サソリのエンブレムに恥じない走りを見せてくれるのか? 

名前だけで期待する

そのルックスだけでひと目惚れという人も、きっと少なくないだろう。復活アバルトの第二弾にして、やはり復活なった「フィアット500」初の派生モデルである、「フィアット500アバルト」の話だ。

モチーフとされているのは、往年の「850TC」や「1000TC」あたり。鼻先に現代的にリファインされたサソリのマークを戴き、大型化されたバンパーを得たフロントマスクや、そのボディカラー、そしてボディ各部に入れられたストライプなど、往年の雰囲気を再現しながらも決してレトロ趣味には陥らず、今の時代のデザインとして成立させているあたりは、さすがイタリアンブランドという印象である。

しかしなんと言っても期待させるのは、その走りっぷりだ。個人的には往年のアバルトのプロダクトについては、文献で得られる知識以上には、ほぼ知らないと言っていい。なにしろ名義貸しではなく実際にアバルトが手掛けた、その名を冠するプロダクトと言えば、「リトモTC」あたりまで遡らなければならないのだから。けれど、その名にはやはり大いに期待してしまう。きっと、そういう人は少なくないはずだ。

小振りなバケットタイプのシートに身を沈めると、中央にアバルトのマークを戴き赤いステッチが入れられた革巻きのステアリング、同じく5段MTのシフトノブに、アルミ製ABCペダルといった定番アイテムが気分を盛り上げる。さらによく見ると、メータークラスター左側には中心にGSI(ギアシフトインジケーター)を備えたブースト計が据えられていることに気付く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る