ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売

2008.08.20 自動車ニュース

ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V50」「S60」「C70」それぞれの2009年モデルを、2008年8月20日から販売開始する。

特徴として2009年モデルには、従来約10万円でオプション販売されていた「VSP(ボルボ・サービス・パスポート)」が無償で付帯される。VSPとは、定期点検やエンジンオイル、オイルフィルター交換など所定のサービスを、新車登録時から3年間無償で受けることのできるプログラムのこと。

■装備充実のV50、R-DESIGNパッケージも

V50は、メイングレード「SE」の装備内容を充実させた。助手席パワーシート、バイ・キセノンヘッドライトを標準装備したほか、スポーツウェアからインスピレーションを得たというT-Tecテキスタイルシート、17インチアルミホイールを備える。

また「2.4iSE」「T5 TE 4WD」には、内外装や足まわりなどをスポーティに仕立てたR-DESIGNパッケージを、メーカーオプションとして設定。同パッケージを選ぶと、専用デザインのフロントグリルやアルミホイール、エアロパーツが装備され、ステアリングホイールやメーターパネルは専用品となる。シートはV-Flexスムースレザーコンビネーションシートに変更される。

■S60は新グレード「Classic」を設定

新たに設定されたClassicには、これまでより上級の装備が施される。従来はオプションとして用意されていた、チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフやアクティブ・バイ・キセノンヘッドライト、プレミアムサウンド・オーディオシステムが標準装備されたほか、専用スポーツレザーシートが奢られる。

■エンジンラインナップを刷新したC70

従来搭載されていた2.4リッターユニットは140ps仕様だったが、2009年モデルからは排気量は同じままに170ps仕様へとパワーアップ。「2.4i SE」としてラインナップされた。加えて、バイ・キセノンヘッドライト、運転席・助手席パワーシート、ハイパフォーマンス・オーディオなどが、オプション設定から標準装備となった。

(webCG 依田)

ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売の画像
「V50(R-DESIGNパッケージ装着車)」
「V50(R-DESIGNパッケージ装着車)」
「S60 Classic」
「S60 Classic」
「C70」2009年モデル
「C70」2009年モデル

関連キーワード:
S60C70V50ボルボC70カブリオレS60自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る