ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売

2008.08.20 自動車ニュース

ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V50」「S60」「C70」それぞれの2009年モデルを、2008年8月20日から販売開始する。

特徴として2009年モデルには、従来約10万円でオプション販売されていた「VSP(ボルボ・サービス・パスポート)」が無償で付帯される。VSPとは、定期点検やエンジンオイル、オイルフィルター交換など所定のサービスを、新車登録時から3年間無償で受けることのできるプログラムのこと。

■装備充実のV50、R-DESIGNパッケージも

V50は、メイングレード「SE」の装備内容を充実させた。助手席パワーシート、バイ・キセノンヘッドライトを標準装備したほか、スポーツウェアからインスピレーションを得たというT-Tecテキスタイルシート、17インチアルミホイールを備える。

また「2.4iSE」「T5 TE 4WD」には、内外装や足まわりなどをスポーティに仕立てたR-DESIGNパッケージを、メーカーオプションとして設定。同パッケージを選ぶと、専用デザインのフロントグリルやアルミホイール、エアロパーツが装備され、ステアリングホイールやメーターパネルは専用品となる。シートはV-Flexスムースレザーコンビネーションシートに変更される。

■S60は新グレード「Classic」を設定

新たに設定されたClassicには、これまでより上級の装備が施される。従来はオプションとして用意されていた、チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフやアクティブ・バイ・キセノンヘッドライト、プレミアムサウンド・オーディオシステムが標準装備されたほか、専用スポーツレザーシートが奢られる。

■エンジンラインナップを刷新したC70

従来搭載されていた2.4リッターユニットは140ps仕様だったが、2009年モデルからは排気量は同じままに170ps仕様へとパワーアップ。「2.4i SE」としてラインナップされた。加えて、バイ・キセノンヘッドライト、運転席・助手席パワーシート、ハイパフォーマンス・オーディオなどが、オプション設定から標準装備となった。

(webCG 依田)

ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売の画像
「V50(R-DESIGNパッケージ装着車)」
「V50(R-DESIGNパッケージ装着車)」
「S60 Classic」
「S60 Classic」
「C70」2009年モデル
「C70」2009年モデル
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る