「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

2008.08.20 自動車ニュース

「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」のエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」を2008年8月19日に発売した。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、現行の2リッター「TSIスポーツライン」、1.4リッター直4ツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」に新しく追加されるエントリーモデル。2008年6月に発売されたハッチバックモデル「ゴルフ TSIトレンドライン」のワゴン版だ。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、1.4リッターのターボのみのシングルチャージャーエンジン(122ps/5000、20.4kgm/1000-4000rpm)に、横置き7段DSGを組み合わせることで、低燃費を実現。ゴルフのワゴンモデルとして過去最高の、15.2km/リッター(10・15モード燃費)を達成した。

ESPや8つのエアバッグなどの安全装備に加え、セミオートエアコン、マルチファンクションインジケーターなどが標準装備され、エントリーモデルながら装備は充実。
なお、ゴルフヴァリアントの専用装備となる「電動パノラマスライディングルーフ」(14万7000円)はオプション設定だ。

価格は、TSIコンフォートラインより40万円安い259.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る