「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

2008.08.20 自動車ニュース

「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」のエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」を2008年8月19日に発売した。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、現行の2リッター「TSIスポーツライン」、1.4リッター直4ツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」に新しく追加されるエントリーモデル。2008年6月に発売されたハッチバックモデル「ゴルフ TSIトレンドライン」のワゴン版だ。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、1.4リッターのターボのみのシングルチャージャーエンジン(122ps/5000、20.4kgm/1000-4000rpm)に、横置き7段DSGを組み合わせることで、低燃費を実現。ゴルフのワゴンモデルとして過去最高の、15.2km/リッター(10・15モード燃費)を達成した。

ESPや8つのエアバッグなどの安全装備に加え、セミオートエアコン、マルチファンクションインジケーターなどが標準装備され、エントリーモデルながら装備は充実。
なお、ゴルフヴァリアントの専用装備となる「電動パノラマスライディングルーフ」(14万7000円)はオプション設定だ。

価格は、TSIコンフォートラインより40万円安い259.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • ドゥカティ・スクランブラー シックスティー2(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.14 試乗記 トラッカースタイルが人気を博す「ドゥカティ・スクランブラー」のなかでも、最もコンパクトなエンジンを搭載した「シックスティー2」。シンプルさが身上のエントリーモデルは、「普通二輪免許で乗れる」という以外にも選ぶべき理由のある一台に仕上がっていた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
ホームへ戻る