「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

2008.08.20 自動車ニュース

「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフヴァリアント」のエントリーモデルとして、新開発TSIエンジン+7段DSGを搭載した「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」を2008年8月19日に発売した。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、現行の2リッター「TSIスポーツライン」、1.4リッター直4ツインチャージャーの「TSIコンフォートライン」に新しく追加されるエントリーモデル。2008年6月に発売されたハッチバックモデル「ゴルフ TSIトレンドライン」のワゴン版だ。

「ゴルフヴァリアント TSIトレンドライン」は、1.4リッターのターボのみのシングルチャージャーエンジン(122ps/5000、20.4kgm/1000-4000rpm)に、横置き7段DSGを組み合わせることで、低燃費を実現。ゴルフのワゴンモデルとして過去最高の、15.2km/リッター(10・15モード燃費)を達成した。

ESPや8つのエアバッグなどの安全装備に加え、セミオートエアコン、マルチファンクションインジケーターなどが標準装備され、エントリーモデルながら装備は充実。
なお、ゴルフヴァリアントの専用装備となる「電動パノラマスライディングルーフ」(14万7000円)はオプション設定だ。

価格は、TSIコンフォートラインより40万円安い259.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像
 
「VWゴルフ」、TSIエンジン+7段DSG搭載のワゴンモデルも登場の画像

関連キーワード:
ゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場 2017.10.23 自動車ニュース
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(... 2017.10.25 試乗記