新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献

2008.08.19 自動車ニュース

新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献

アウディジャパンは2008年8月19日に発売した新型「A4アバント」新規登録の際、1トン分のカーボンオフセットプログラムを無償で付与すると発表した。

カーボンオフセットは、自動車の走行などによって排出されるCO2を、植林や自然エネルギー利用などのCO2削減活動によって埋め合わせるという考え方。

今回、「アウディA4アバント」の2008年12月末までの登録車に対しては、1台あたり1トン分(約5000km走行でのCO2排出量に相当)を相殺する権利が無償で与えられる。
購入者には、カーボンオフセット証明書と、オフセットされたことを証明するステッカーが届けられる。

(webCG 本諏訪)

 
新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る