新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献

2008.08.19 自動車ニュース

新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献

アウディジャパンは2008年8月19日に発売した新型「A4アバント」新規登録の際、1トン分のカーボンオフセットプログラムを無償で付与すると発表した。

カーボンオフセットは、自動車の走行などによって排出されるCO2を、植林や自然エネルギー利用などのCO2削減活動によって埋め合わせるという考え方。

今回、「アウディA4アバント」の2008年12月末までの登録車に対しては、1台あたり1トン分(約5000km走行でのCO2排出量に相当)を相殺する権利が無償で与えられる。
購入者には、カーボンオフセット証明書と、オフセットされたことを証明するステッカーが届けられる。

(webCG 本諏訪)

 
新型「アウディA4アバント」購入で、CO2削減に貢献の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る