トヨタ「マークXジオ」に新グレード&特別仕様車

2008.08.19 自動車ニュース

トヨタ「マークXジオ」に新グレード&特別仕様車

トヨタ自動車は2008年8月18日、「マークXジオ」に、「240G」の7人乗り仕様を追加。同時に特別仕様車も2タイプ設定し、発売した。

マークXジオに新グレードが設定された。今回ラインナップに加わったのは、7人乗りの「240G」。これまで240Gは、左右独立式のセカンドシートをもつ6人乗り仕様だけだったが、新たにベンチシート仕様も選べるようになった。

特別仕様車の「ブラックパールリミテッド」は、「240F」と「240G」をべースに、フロントグリル、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、フロント&リアエンブレムなどの各パーツをブラックパール調に加飾、外観をスタイリッシュに着飾ったモデルだ。

また、ドアミラー一体型のサイドターンランプやステアリングホイールから手を離すことなくオーディオ操作が行えるステアリングスイッチが特別装備される。

ボディカラーは、特別色のライトブルーマイカメタリックほか、ホワイトパール、シルバーメタリック、ブラックマイカの4色から選べる。 

価格は、240G・7人乗り仕様が、286.0万円(2WD)と299.0万円(4WD)。特別仕様車のブラックパールリミテッドは274.0万円から302.0万円まで。

(webCG 曽宮)

240Gブラックパールリミテッド
240Gブラックパールリミテッド
240Gブラックパールリミテッド
240Gブラックパールリミテッド
240G
240G

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXジオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る