【スペック】全長×全幅×全高=4520×1797×1499mm/ホイールベース=2700mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(150ps/5500rpm、21.0kgm/2250rpm)(欧州仕様車)

ランチア・デルタ(FF/6MT)【海外試乗記】

インテグラーレを忘れて 2008.08.19 試乗記 ランチア・デルタ(FF/6MT)


現代ランチアのアイデンティティに則り、エレガントなデザインに生まれ変わった「デルタ」。コンパクトカーというよりワゴンともいえるたたずまいの新型に、イタリアで試乗した。

鮮烈なスタイリング

新しい「ランチア・デルタ」について考える際には、WRCで大活躍した、あの「デルタ・インテグラーレ」の話は忘れた方がいい。敢えてそんなことを言わなくとも、この姿を見れば、誰もそこを強引に結びつけようとはしないとは思うが、特にここ日本では、デルタと言えばイコール、インテグラーレなのは事実である。

しかし本来デルタは、ランチアらしい上質な仕立てのコンパクトな5ドアサルーンであったはず。新型ランチア・デルタは、精神的にはその後継車と言うべきだ。

それにしても鮮烈なのは、そのスタイリングである。フロントマスクはイプシロンなどにも通じる現代のランチアそのもの。しかしサイドビューは、ハッチバックというよりワゴンと呼びたくなる雰囲気だ。サイドウィンドウとリアゲート、Cピラー、そしてテールランプあたりの処理も、とても個性的。最初の印象はちょっと、いやかなりヘンと感じる。しかし、見慣れてくるとエレガントとすら思えてくる不思議な魅力が、そこには備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る