【スペック】全長×全幅×全高=4520×1797×1499mm/ホイールベース=2700mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(150ps/5500rpm、21.0kgm/2250rpm)(欧州仕様車)

ランチア・デルタ(FF/6MT)【海外試乗記】

インテグラーレを忘れて 2008.08.19 試乗記 ランチア・デルタ(FF/6MT)


現代ランチアのアイデンティティに則り、エレガントなデザインに生まれ変わった「デルタ」。コンパクトカーというよりワゴンともいえるたたずまいの新型に、イタリアで試乗した。

鮮烈なスタイリング

新しい「ランチア・デルタ」について考える際には、WRCで大活躍した、あの「デルタ・インテグラーレ」の話は忘れた方がいい。敢えてそんなことを言わなくとも、この姿を見れば、誰もそこを強引に結びつけようとはしないとは思うが、特にここ日本では、デルタと言えばイコール、インテグラーレなのは事実である。

しかし本来デルタは、ランチアらしい上質な仕立てのコンパクトな5ドアサルーンであったはず。新型ランチア・デルタは、精神的にはその後継車と言うべきだ。

それにしても鮮烈なのは、そのスタイリングである。フロントマスクはイプシロンなどにも通じる現代のランチアそのもの。しかしサイドビューは、ハッチバックというよりワゴンと呼びたくなる雰囲気だ。サイドウィンドウとリアゲート、Cピラー、そしてテールランプあたりの処理も、とても個性的。最初の印象はちょっと、いやかなりヘンと感じる。しかし、見慣れてくるとエレガントとすら思えてくる不思議な魅力が、そこには備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る