【スペック】全長×全幅×全高=5295×2035×1995mm/ホイールベース=3020mm/車重=2730kg/駆動方式=4WD/5.4リッターV型8気筒SOHC24バルブ(304ps/5000rpm、50.5kgm/3750rpm)/価格=870.0万円(テスト車=同じ)

リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】

出るタイミングが悪かった 2008.08.18 試乗記 リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)
……870.0万円

フォード・ジャパンが新たに導入を開始したフルサイズSUVのナビゲーターに試乗した。少し前にアメリカで大人気を誇ったSUVは、いま日本で乗るにはどうなのだろう?

まぶしいアメリカ

「フォーカス」や「フィエスタ」といった欧州フォード車に見切りをつけ、アメリカ車一本槍に路線を修正したフォード・ジャパンが、先頃新たにラインナップに加えたのが「リンカーン・ナビゲーター」だ。リンカーンというプレミアムなブランドが生んだフルサイズSUVは、まさにアメリカの豊かさと豪華さを象徴するモデル。いまよりも景気が良くて、ガソリンが安かったら、もっと輝いて見えるのに……と思うのは私だけじゃないだろうが、ともあれフォード・ジャパンとしては、ナビゲーターの投入により、フォードのアメリカンイメージを一層強化する狙いだろう。

これまでもときどき並行車と思われる車両を日本の路上で見かけることがあったナビゲーターは、「フォード・エクスペディション」をラクシャリーに仕立て上げた人気のSUVで、今回、フォード・ジャパンが導入に踏み切ったのはその第3世代にあたる。私自身、最新モデルを間近で見るのはこれが初めてだが、全長5295×全幅2035×全高1995mmのスクエアな塊に、押し出しの強いフロントマスクが組み合わされたナビゲーターからは、えもいわれぬ威圧感が漂っていた。

ところが、ドアを開けた瞬間、すうーっと出てきたステップ(パワーランニングボード)に導かれて運転席にたどりつくと、そこにはモダンでリッチな空間が存在していた。たっぷりとしたサイズのレザーシートに加えて、クラシカルなデザインのメーターパネルや美しく輝くアナログクロック、端正な模様の本木目パネルなど、ドライバーが安らぐための演出がそこかしこにちりばめられている。そんな演出に、高級車専門ブランドであるリンカーン流の"おもてなし"を見たような気がした。

全面に張り巡らされたビレットグリルが、“仮面を被った騎士”を思わせる。
全面に張り巡らされたビレットグリルが、“仮面を被った騎士”を思わせる。
リンカーンブランドの最上級SUV、ナビゲーターは98年に初代が誕生。モデルチェンジやフェイスリフトを経て、現行モデルは3世代目となる。
リンカーンブランドの最上級SUV、ナビゲーターは98年に初代が誕生。モデルチェンジやフェイスリフトを経て、現行モデルは3世代目となる。
ドアを開けると自動的にパワーランニングボードがせり出してくる。
クリックするとその作動シーンが見られます。
ドアを開けると自動的にパワーランニングボードがせり出してくる。
クリックするとその作動シーンが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.5 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 伝統のV8に代えて、新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗。その出来栄えに触れ、最新のダウンサイジングターボにできること、できないこととを確かめた。
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】 2011.4.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……631万5225円

    見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る