第226回:「ジャーマンになりたい!」と思う瞬間

2012.01.06 エッセイ

第226回:「ジャーマンになりたい!」と思う瞬間

ボクが乗った飛行機の現在地表示。ひと昔前の免税店のようなカタカナ書体が泣かせる。写真は一部スマートフォン撮影のため、画質をご容赦ください。
ボクが乗った飛行機の現在地表示。ひと昔前の免税店のようなカタカナ書体が泣かせる。写真は一部スマートフォン撮影のため、画質をご容赦ください。
ミュンヘン空港第2ターミナルには、やはり地元BMWの広告が。「i」シリーズの本気さが伝わる。
ミュンヘン空港第2ターミナルには、やはり地元BMWの広告が。「i」シリーズの本気さが伝わる。
たとえBMWのお膝元でも、待機するタクシーはメルセデスが大半である。
たとえBMWのお膝元でも、待機するタクシーはメルセデスが大半である。

東京からシエナまでの苦労

ボクが住むトスカーナのシエナはヨーロッパ中の人が一度は訪れたいと憧れる風光明媚(めいび)なエリアではあるが、日本からの往復に関しては不便だ。イタリア発−成田着は比較的すいすい行ける。問題はその逆、成田から帰るときである。
欧州のどこかの都市で乗り換え、シエナの最寄りの空港であるフィレンツェに着くのは夜。その後、公共交通機関を使ってシエナまで帰るのが極めて困難なのである。それは、どの航空会社を使っても同じだ。
フィレンツェ発シエナ行きバスは最終が20時45分。土日はもっと早い。鉄道もあるが出発は深夜で、シエナに着いても駅にタクシーがない。空港からタクシーを使う手もあるが、100ユーロ(約1万円)以上するのだ。

イタリアは本当に公共交通機関が貧弱である。「そのうち改善されるだろう」と思ってのんきに住んでいるうちに、そのまま15年たってしまった。取りあえず今は、「エッ!? そんなところまで行くの!」という日本の空港バスも、景気後退とともにこうなるのだろうか。

民間の空港パーキングはどうかというと、イタリアでは今がその黎明(れいめい)期で、フィレンツェなどには今もってまともなものがない。空港内の公共駐車場にクルマを1カ月駐車しておいたら、法外な額になる。では、こうした状況になぜ不満の声が上がらないか? それは、イタリア人は家族や友達にクルマで迎えに来てもらえるからである。
ボクも知人から「迎えに行ってやるよ」という、ありがたい申し出を何度も受ける。いや、過去に実際来てもらったことがあった。だが、便が遅延したら待っていてもらわねばならないうえ、こちらは十数時間の旅をして疲労の限界状態だから、せっかく来てもらっても、クルマの中で友人と会話をする前に寝てしまう、という失礼な結果になる。

ちなみに最近話題の羽田往復便に期待を寄せてチェックしてみたところ、羽田発各地経由フィレンツェ着は午前中に着けるものの、今度は欧州発が早すぎて、前泊が必要になる。うまくいかない。

そこで成田から帰ってくるとき考えたのは、フィレンツェに安宿を予約しておいて泊まるという作戦だった。フィレンツェからわが家は距離でいえばおよそ70kmだ。そこに1泊するというのはばかばかしくも思えたが、タクシーで家に帰るより、状況によっては5000円近く安い。

ミュンヘン空港のターミナル内は各メーカーの実車展示があり、ちょっとしたショールーム状態である。写真は「アウディA7 スポーツバック クアトロ」。
ミュンヘン空港のターミナル内は各メーカーの実車展示があり、ちょっとしたショールーム状態である。写真は「アウディA7 スポーツバック クアトロ」。
これはレンタカー会社「ユーロップカー」の使用車両のプロモーション。
これはレンタカー会社「ユーロップカー」の使用車両のプロモーション。

しかし何度かやってみると、苦労ばかりだった。予約しておいた宿が実はスタッフ常駐ではなく、夜中に呼び出すのにえらい時間がかかったり、古いホテルでエレベーターがなく、疲労困憊(こんぱい)している体で、スーツケースを持って狭い階段を上がらなければならなかったり、部屋の暖房や給湯設備が壊れていて、ひどく寒かったりと、いい思い出はない。
そもそも宿までのタクシーからして、ドライバーが無愛想だったり、逆にこちらが疲れているのに必要以上に話し好きだったりして、これまた参った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。