第54回:志半ば、51歳のピニンファリーナ会長、突然の死

2008.08.16 エッセイ

第54回:志半ば、51歳のピニンファリーナ会長、突然の死

ありふれた事故の如く

2008年8月7日昼。イタリアのテレビニュースのヘッドラインは、路上に倒れたスクーターを映し出した。一見よくある事故の光景だった。ところがテロップを見て誰もが驚いた。

――「ピニンファリーナ 交通事故死」

ピニンファリーナのアンドレア・ピニンファリーナ会長兼社長は同日朝、モンカリエーリの自宅からヴェスパ・スクーターの60周年記念限定仕様「GT60」に乗って、研究センターがあるカンビアーノに向かった。
ところが目的地までわずか2kmの町トロファレッロで悲劇は起こった。
荷下ろし中のトラックの陰から出てきた78歳男性が運転する赤の「フォード・フィエスタ」の側面に衝突。頭部を強打して死亡した。51歳だった。

アンドレア氏は1957年生まれ。創業家の3代目にあたる。トリノ工科大学機械工学科を卒業後、米国のトラックボディメーカー・フルハーフ社を経て1983年ピニンファリーナに入社した。
同社がボディ生産まで担当した「キャデラック・アランテ」プロジェクトなどを主導したあと2001年社長に就任。2006年には父セルジオを継いで会長兼社長となった。

経営では父が構築した「デザイン」「エンジニアリング」「生産(委託)」の3本柱を継承しながら、仏マートラ・エンジニアリングの買収や中国市場の開拓など積極的な国際展開を図った。プライベートでは妻クリスティーナとの間に2男1女がいた。
10日には企業サイトに記帳書き込み欄が設けられ、翌11日トリノの大聖堂で葬儀が行なわれた。
後任の会長には、弟のパオロ副会長が昇格した。また臨時の副会長には、姉のロレンツァ取締役が就いた。

アンドレア・ピニンファリーナ。同社が手がけたトリノ五輪聖火トーチとともに。
アンドレア・ピニンファリーナ。同社が手がけたトリノ五輪聖火トーチとともに。
父セルジオ・ピニンファリーナ(左)と。
父セルジオ・ピニンファリーナ(左)と。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。