580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場

2008.08.15 自動車ニュース

580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場

独アウディは2008年8月12日、A6をベースとしたハイパフォーマンスセダン「RS 6」を発表した。

ワゴンバージョンのみラインナップしていた「アウディRS 6」に、セダンバージョンが加わることになった。

基本的なメカニズムは、先の「RS 6アバント」と変わらない。キモとなる新開発の5リッターV10ツインターボエンジンは、580ps/6250-6700rpm、66.2kgm/1500-6250rpmを発生。0-100km/h加速に要する時間は4.5秒で、「スーパーカーのごときパフォーマンス」(リリース)を主張する。
トランスミッションは、他モデルに比べ半分の時間でシフトできるという6段AT「ティプトロニック」のみ。駆動方式は4WDだ。

足まわりには、スポーツ、ダイナミック、コンフォートと3種類のダンパーセッティングができるDRC(ダイナミックライドコントロール)付きスポーツサスペンションを採用。
ホイールはノーマルで19インチ。オプションの20インチを選べば、総重量で12.2kg軽いフロント420mm/リア356mmのセラミックブレーキも組み合わせられる。

かようなセダンバージョンの発売予定時期は、2008年10月なかば。ドイツ本国での価格は10万5550ユーロ(邦貨にして約1700万円)とのことである。

(webCG 関)

「アウディRS 6」
「アウディRS 6」
 
580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場の画像
四隅のタイヤを包むブリスターフェンダーやサイドスカートがただならぬ雰囲気をかもし出す。
四隅のタイヤを包むブリスターフェンダーやサイドスカートがただならぬ雰囲気をかもし出す。
前席には、サイドサポートが大きなスポーツシートが奢られる。レーンアシストやクルーズコントロールなど、快適装備も充実。
前席には、サイドサポートが大きなスポーツシートが奢られる。レーンアシストやクルーズコントロールなど、快適装備も充実。

関連キーワード:
RS 6アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る