580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場

2008.08.15 自動車ニュース

580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場

独アウディは2008年8月12日、A6をベースとしたハイパフォーマンスセダン「RS 6」を発表した。

ワゴンバージョンのみラインナップしていた「アウディRS 6」に、セダンバージョンが加わることになった。

基本的なメカニズムは、先の「RS 6アバント」と変わらない。キモとなる新開発の5リッターV10ツインターボエンジンは、580ps/6250-6700rpm、66.2kgm/1500-6250rpmを発生。0-100km/h加速に要する時間は4.5秒で、「スーパーカーのごときパフォーマンス」(リリース)を主張する。
トランスミッションは、他モデルに比べ半分の時間でシフトできるという6段AT「ティプトロニック」のみ。駆動方式は4WDだ。

足まわりには、スポーツ、ダイナミック、コンフォートと3種類のダンパーセッティングができるDRC(ダイナミックライドコントロール)付きスポーツサスペンションを採用。
ホイールはノーマルで19インチ。オプションの20インチを選べば、総重量で12.2kg軽いフロント420mm/リア356mmのセラミックブレーキも組み合わせられる。

かようなセダンバージョンの発売予定時期は、2008年10月なかば。ドイツ本国での価格は10万5550ユーロ(邦貨にして約1700万円)とのことである。

(webCG 関)

「アウディRS 6」
「アウディRS 6」
 
580psの「アウディRS6」、ワゴンに続いてセダンも登場の画像
四隅のタイヤを包むブリスターフェンダーやサイドスカートがただならぬ雰囲気をかもし出す。
四隅のタイヤを包むブリスターフェンダーやサイドスカートがただならぬ雰囲気をかもし出す。
前席には、サイドサポートが大きなスポーツシートが奢られる。レーンアシストやクルーズコントロールなど、快適装備も充実。
前席には、サイドサポートが大きなスポーツシートが奢られる。レーンアシストやクルーズコントロールなど、快適装備も充実。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る