クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】2.4i SE:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2.4リッター直列5気筒DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=394.0万円

ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)【試乗記】

外見は「?」、中身は「○」 2008.08.15 試乗記 ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)
試乗会の帰り際、ボルボ・カーズ・ジャパン広報部の人と目を合わせることができず、逃げるように試乗会会場を立ち去った。それはなぜかと言いますと……。

反響次第で日本へも導入

レインボー、水玉、蝶々にタータンチェック……。試乗会会場には個性的なカラーリングが施されたボルボC30が6台並んでいて、すわ限定カラー登場かと思えばさにあらず。

これは「C30グラフィックカー」と呼ばれる仕様で、ボルボC30のボディにオリジナル柄の粘着性フィルムを貼ったもの。本国スウェーデンのディーラーが本年4月に発売したものが好評だったのを受け、日本でもとりあえず6台を製作したのだという。本国では20種類のデザインを用意し、センタースタックやインテリアとの組み合わせで、1万2314通りのコーディネイトが可能とのこと。日本で製作した6種類は、本国の20種類のデザインの中から「日本のユーザーにあいそうなもの」を選んだとの由。

「日本でも売るのですか?」という問いに対する答えは、「みなさんに見ていただき、その反響によっては日本導入も考えたい」。では、その反響やいかに?

3M製のフィルムはなかなか巧妙にできていて、遠目にはオリジナル塗装のように見える。ただしドアやボンネットを開けると“地肌”の色はまんま残っているため、オリジナルペイントとフィルムの色が違うことがバレバレ。大らかなスウェーデンのみなさんはそんな些細なことは気にしないのかもしれないけれど、自分は小さなことにこだわるタイプなので「むむむ」と思った。

このフィルムは2年間の保証付きで、製造元の3Mは3年程度なら使用に耐えると豪語しているとか。デザインに飽きたら剥がすことも可能で、フィルムを貼っておくことでボディの保護にもなるという。ちなみに、フィルムの材料費は15万円、工賃は20〜25万円、丸一日で完成するという。

今回特別に用意されたグラフィックカーは6台。膨大な組み合わせの中から日本人が好みそうな6パターンを選んだという。
今回特別に用意されたグラフィックカーは6台。膨大な組み合わせの中から日本人が好みそうな6パターンを選んだという。 拡大
用意された中で一番目立つ黄色のグラフィックカーもドアを開けると、ブリリアントブルーパールのオリジナルペイントが丸見え。
用意された中で一番目立つ黄色のグラフィックカーもドアを開けると、ブリリアントブルーパールのオリジナルペイントが丸見え。 拡大
ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大

見られて「ドキドキ」、走って「ホッ」

ビジュアル的に一番インパクトがありそうな、黄色いボディに紺色のチェックが描かれたモデルに試乗する。ベースとなっているのは、2.4リッターのNA5気筒エンジンを積む「C30 2.4i SE」。
外観こそド派手だけれど、乗り込んでしまえばチェック柄は見えない。滑らかな曲線を描くウッドのセンタースタックやたっぷりとしたサイズの掛け心地抜群のシートなど、見ても触っても上品でセンスがいいC30のインテリアに感心する。C30(というか、最近のボルボ)のインテリアを特徴づけるセンタースタックはアルミに限ると思っていたけれど、ウッドもなかなかいい味が出ていると思った。

通りに出て信号待ちをしていると、周囲からじろじろ見られて自分が“色物”に乗っていることを意識させられる。見られているとドキドキするけれど、走り出してスピードを上げると気持ちは落ち着く。C30は小柄なサイズに似合わない、落ち着いたフィーリングが持ち味なのだ。

C30の乗り心地は、「硬い」と「しっかりしている」の中間ぐらい。市街地で乗っていると、不快ではないけれど割と路面からのコツコツを拾うタイプだ。けれど、スピードを上げるとアラ不思議、穏やかで信頼できるマナーの持ち主に変身する。コンパクトなボディでありながら、ハイスピードで長距離を移動するような場面でドライバーはリラックスさせてくれるのだ。

2.4リッターのエンジンと5ATを組み合わせたパワートレインも、滑らかかつキメ細かいセッティングが施されている。ステアリングホイールを握っていると、ドライバーは穏やかな心持ちになる。ついでに書けば、チョイ乗りした230psのターボユニット搭載の好戦的なT-5よりも、素朴な雰囲気のNAモデルのほうが数段“らしい”と思った。

C30のインテリアのハイライト、フローティングセンタースタックはウッドのほかにアルミニウム、アルミニウム地に波の模様を描いたサーフパターンの3種類から選ぶことができる。
C30のインテリアのハイライト、フローティングセンタースタックはウッドのほかにアルミニウム、アルミニウム地に波の模様を描いたサーフパターンの3種類から選ぶことができる。 拡大
昨年7月に日本へ導入されたボルボC30は、1年弱で1499台が登録された。購入された方の約70%が他車から乗り換えた新規顧客だったというから、新しいユーザーを獲得するというC30の狙いは成功している。
昨年7月に日本へ導入されたボルボC30は、1年弱で1499台が登録された。購入された方の約70%が他車から乗り換えた新規顧客だったというから、新しいユーザーを獲得するというC30の狙いは成功している。 拡大

ミルクティーの美味しい飲み方

C30はボルボのラインナップで最小のモデルであるけれど、ロイヤルミルクティーのように優しくて滋味深い味わいは大型モデルと共通だ。むしろ、ボディが小さいことでボルボの魅力がぎゅっと凝縮されている感すらある。昨年の秋に日本へ導入されたC30、久しぶりに乗ってみると、カッコもドライブフィールも好感が持てる佳作だった。

けれども、クルマから降りると凄いカラーリングが目に飛び込んでくる。デザイン先進国のスウェーデンでウケているのだからこれがカッコいいんだ、と思い込もうとしたけれど、無理でした。アイディアとしては面白いけれど、自分のクルマだったら……。
だから、「反響次第では日本への導入も考える」と言う広報の人と目を合わせないように、試乗会会場を後にした。自分、気が小さいものであの時は面と向かって言えませんでしたが、ここに書きます。

多分、日本ではウケないと思います。

ま、フィルムのデザインを自分の好みにできるのであれば、可能性はあるのかもしれない。とはいえ、美味しいロイヤルミルクティーはケバケバしい容器よりも、シンプルなボーンチャイナで飲んだほうがおいしいような気がするのだ。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸)


ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)【試乗記】の画像 拡大
自分で買うか買わないかは別として、ウェブサイト(http://www.volvoc30.se/拡大)で外観とシート、センタースタックの組み合わせを試して遊ぶのは楽しい。
自分で買うか買わないかは別として、ウェブサイト(http://www.volvoc30.se/)で外観とシート、センタースタックの組み合わせを試して遊ぶのは楽しい。
あなたにおすすめの記事