【スペック】2.4i SE:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2.4リッター直列5気筒DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=394.0万円

ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)【試乗記】

外見は「?」、中身は「○」 2008.08.15 試乗記 ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)
試乗会の帰り際、ボルボ・カーズ・ジャパン広報部の人と目を合わせることができず、逃げるように試乗会会場を立ち去った。それはなぜかと言いますと……。

反響次第で日本へも導入

レインボー、水玉、蝶々にタータンチェック……。試乗会会場には個性的なカラーリングが施されたボルボC30が6台並んでいて、すわ限定カラー登場かと思えばさにあらず。

これは「C30グラフィックカー」と呼ばれる仕様で、ボルボC30のボディにオリジナル柄の粘着性フィルムを貼ったもの。本国スウェーデンのディーラーが本年4月に発売したものが好評だったのを受け、日本でもとりあえず6台を製作したのだという。本国では20種類のデザインを用意し、センタースタックやインテリアとの組み合わせで、1万2314通りのコーディネイトが可能とのこと。日本で製作した6種類は、本国の20種類のデザインの中から「日本のユーザーにあいそうなもの」を選んだとの由。

「日本でも売るのですか?」という問いに対する答えは、「みなさんに見ていただき、その反響によっては日本導入も考えたい」。では、その反響やいかに?

3M製のフィルムはなかなか巧妙にできていて、遠目にはオリジナル塗装のように見える。ただしドアやボンネットを開けると“地肌”の色はまんま残っているため、オリジナルペイントとフィルムの色が違うことがバレバレ。大らかなスウェーデンのみなさんはそんな些細なことは気にしないのかもしれないけれど、自分は小さなことにこだわるタイプなので「むむむ」と思った。

このフィルムは2年間の保証付きで、製造元の3Mは3年程度なら使用に耐えると豪語しているとか。デザインに飽きたら剥がすことも可能で、フィルムを貼っておくことでボディの保護にもなるという。ちなみに、フィルムの材料費は15万円、工賃は20〜25万円、丸一日で完成するという。

今回特別に用意されたグラフィックカーは6台。膨大な組み合わせの中から日本人が好みそうな6パターンを選んだという。
今回特別に用意されたグラフィックカーは6台。膨大な組み合わせの中から日本人が好みそうな6パターンを選んだという。
用意された中で一番目立つ黄色のグラフィックカーもドアを開けると、ブリリアントブルーパールのオリジナルペイントが丸見え。
用意された中で一番目立つ黄色のグラフィックカーもドアを開けると、ブリリアントブルーパールのオリジナルペイントが丸見え。
ボルボC30 グラフィックカー(FF/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る