【スペック】3.0TDIクワトロ:全長×全幅×全高=4629×1880×1653mm/ホイールベース=2807mm/車重=1865kg/駆動方式=4WD/3リッターV6 DOHC 24バルブ・ディーゼルターボ(240ps/4300-6000rpm、51.0kgm/1500-4200rpm)(欧州仕様車)

アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/3.0TDIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】

打倒X3! 2008.08.14 試乗記 アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/3.0TDIクワトロ(4WD/7AT)

モデルラインナップの拡充を続けるアウディが、新たなターゲットとして目を付けたのがコンパクトSUVカテゴリー。新型A4をベースとしたニューモデル「Q5」に、スペインで試乗した。

A4アバントの背高版

目下、ヨーロッパの自動車メーカーが次のターゲットと見据えているのが、コンパクトSUVのカテゴリーである。爆発的な勢いでマーケットが拡大しているこのカテゴリー、いわゆるプレミアムブランドでは、今のところ「BMW X3」の独り勝ちという状況となっている。そこに遅ればせながら割り込まんとしているのが、この「アウディQ5」だ。

「Q7」の場合は、ライバル達とは軸を微妙にずらしたところで勝負をかけてきたアウディだが、このQ5ではライバル意識を前面に打ち出しているのが印象的である。開発陣曰く「すべての領域で“先行するライバル”を上回る」とのことで、そういう意味では、何をつくりたいということより、とにかく打倒X3。Q5とは、つまりそんなクルマと言えるかもしれない。

X3が3シリーズをベースとしているのと同様、Q5ベースは新型A4である。スリーサイズは全長4629mm×全幅1880mm×全高1653mmと、幅広く、そして背が低い独特のプロポーションを形成。造形的には、顔つきやルーフラインなどを見る限り、“ミニQ7”というより、むしろ“A4アバントの背高版”といった趣きである。ディテールにはさほどの新鮮味は無いが、誰の目にもアウディと即座に解るカタチなのはたしか。18インチタイヤを物足りなく見せてしまうほどの下半身の力強さはインパクト十分だ。

アウディらしくハイクオリティなインテリアは、横方向のスペースの余裕やアイポイントの高さが、心地良い開放感を演出している。居住性は文句なく、またラゲッジスペースの容量も通常時540リッター、3分割式リアシートを折り畳んだときには1560リッターと、やはりライバルを凌駕する。


アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/3.0TDIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像

アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/3.0TDIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像
クリックすると、リアシートを倒したときの荷室がごらんになれます。
クリックすると、リアシートを倒したときの荷室がごらんになれます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る