NAエンジンを搭載した「ロータス・2イレブン」が新登場

2008.08.13 自動車ニュース

NAエンジンを搭載した「ロータス・2イレブン」が新登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは2008年8月11日、新たに自然吸気エンジンを搭載する「ロータス2イレブン」を発売した。

255psのスーパーチャージドエンジンを搭載する限定モデルとして発売された「2イレブン」に、NAバージョンが加わった。
搭載されるのは「エリーゼR」と同じ、192psのトヨタ製直列4気筒エンジン。スーパーチャージドエンジンと比べ出力こそ落ちるものの、0-100km/h加速は4.5秒、ゼロヨンを13.1秒で走り抜けるというパフォーマンスをもつ。

レースカー由来のダブルウィッシュボーンサスペンションには、ビルシュタイン製のダンパーが組み込まれ、ヨコハマ製のセミスリックタイヤがセットされた。
さらにオプションとなる「スポーツパック」(86万1000円)を選ぶと、ダンパーが調整式のオーリンズ製に変更、軽量鍛造アルミホイールやパジット製ブレーキパッド、ステンメッシュブレーキホース、ローンチコントロール、アジャスタブルトラクションコントロールが装備され、よりスポーティな走りを楽しむことができる。

価格は711万1650円。

(webCG 玉城)


NAエンジンを搭載した「ロータス・2イレブン」が新登場の画像

関連キーワード:
2イレブンロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る