【スペック】全長×全幅×全高=4881×1915×1353/ホイールベース=2942mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(440ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)/価格=1750.0万円

マセラーティ・グラントゥーリズモS(FR/6MT)【海外試乗記(後編)】

新しい舞台(後編) 2008.08.13 試乗記 マセラーティ・グラントゥーリズモS(FR/6MT)
……1750.0万円

マセラーティの新型スポーツカー「グラントゥーリズモS」に試乗したリポーターは、スポーツカーと呼ぶにふさわしいパフォーマンスを備えるだけでなく、ラクシュリーカーとしての性能も満たす乗り味を実感した。

『CG』2008年8月号から転載。

性能も超一級

もちろん、GTSはエグゾーストノートが美しいだけのクーペではない。奏でる調べが一級なら性能も超一級、回転の上昇に合わせてリニアにパワーを盛り上げる4.7リッターV8は、典型的な高回転型の特性を示す。しかも、気筒あたりの排気量が586ccもあるというのに、まるで小排気量マルチシリンダーのようなスムーズさでレッドゾーンを目指すのだ。あまりに滑らかに吹け上がるものだから、低中速トルクが足りないような印象も受けてしまうが、実際にはどこから踏んでもあり余るトルクで1995kgもあるボディを引っ張り続け、アウトストラーダではあっという間に250km/hを超えた。
ちなみに、マセラーティの公表する最高速は295km/h。発進加速は0-100km/h:4.9秒、0-400m:13.0秒、0-1km:23.0秒という性能を誇る。

もうひとつの驚きは、乾式ツインプレート・クラッチを備えた6段シーケンシャル・ギアボックスのシフトマナーが格段に向上したことにある。例によってこのセミ・オートマチックシステムにはマニュアルモードとオートモードがあり、それぞれにノーマルとスポーツを用意。さらにマニュアル・スポーツモードを選ぶと、特定の条件を満たすことによって変速速度を速める“MC-Shift”が働くようになっている。このMCシフトはエンジン回転数5500rpm以上、スロットル開度80%以上のときに作動し、シフトチェンジに要する時間を0.1秒まで短縮するという。

実際、フルスロットルのまま7500rpmでステアリング右側のシフトパドルを引くと瞬時にシフトアップを済ませ、しかも変速ショックも極端に少なくなっていた。このシステムのソフトウェアは、フェラーリのF1スーパーファストのそれを流用しているに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る