アルファ159に新グレード、「エレガント」登場

2008.08.11 自動車ニュース

アルファ159に新グレード、「エレガント」登場

フィアットグループ・オートモービルズ・ジャパンは、「アルファ159」のうち、2.2リッターのセレスピードモデルに新グレード「Elegant」(エレガント)を設定。2008年8月1日に発売した。

「エレガント」には、ポルトローナフラウ社製のレザーで覆われる、ヒーター付きのフロントパワーシートを採用。オリジナルロゴ入りカーナビゲーションシステム、ETC、前後パーキングセンサー、ヒーテッド電動ドアミラーなど快適装備も充実させた。
エクステリアでは、18インチのアロイホイールが特別な装備だ。

ハンドル位置は右のみで、お値段はセダンが500.0万円、ワゴンが520.0万円。それぞれ、2.2リッターモデルのなかで最も高価格となる。

なおこれに関連し、セダン、ワゴンともにラインナップしていた「2.2 JTS セレスピード ディスティンクティブ ヴィラデステII」の販売は、在庫分をもって終了する。

(webCG 関)


アルファ159に新グレード、「エレガント」登場の画像

関連キーワード:
アルファ159アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記