【スペック】全長×全幅×全高=4315×1820×1515mm/ホイールベース=2610mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ・ターボインタークーラー付き(175ps/6000rpm、24.5kgm/1600-4500rpm)/価格=355.0万円(テスト車=同じ)

プジョー308GTi(FF/6MT)【ブリーフテスト】

プジョー308GTi(FF/6MT) 2008.08.11 試乗記 ……355.0万円
総合評価……★★★★
プジョーのハッチバックモデル「308」。175psの1.6リッターターボエンジンに6MTを組み合わせたスポーティモデル「GTi」で、その使い勝手と乗り心地を試す。

なぜGTじゃないのか

最近のプジョーのラインナップを見て、「GT」と「GTi」の選り分けについて疑問を抱いた人もいるだろう。「207」のハッチバックは「GT」と「GTi」の両方を用意したのに、ワゴンモデルの「207SW」はGTi、オープンモデルの「207CC」はGTだけだ。じゃあ「308」ハッチバックはどうかと見れば、GTiしかない。しかもその308GTiは、207GTiのようなバケットシートはつかず、屋根はガラスルーフ付きと、207でいうGTに近い成り立ちなのだ。

ではなぜ308GTじゃないのか? 207のスペックを見れば、この疑問はある程度解消する。GT、GTiはすべて1.6リッター直噴ツインスクロールターボエンジンを積むが、最高出力はGTが150ps、GTiは175psと明確に分かれているからだ。
しかも日本仕様の308は、5ドアATの「プレミアム」や「シエロ」でも140psの1.6リッターターボを積んでいる。207GTとは10psの差しかない。GTではなくGTiを名乗った理由はここにもありそうだ。

同じ3文字を掲げる「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」は2リッターターボだから力でおよばないし、専用エアロやバケットシートや大径ブレーキで武装した207GTiほどストイックでもない。でもGTとして考えれば、このクラスで最良の1台。4メーターそこそこのボディ、1.6リッターエンジンで、ここまで快速快適な4シーターはなかなかない。
308GTiにおけるiはインテリジェンス。そう考えると理解しやすそうだ。

トランスミッションは6段MTのみ。
トランスミッションは6段MTのみ。
全幅が1800mmを超え、メーカー自ら「ミディアムサイズ」と呼ぶようになったプジョーの中核モデル308。GTiでは、前後のバックソナーが標準装備とされ、車庫入れ時に手助けをしてくれる。
全幅が1800mmを超え、メーカー自ら「ミディアムサイズ」と呼ぶようになったプジョーの中核モデル308。GTiでは、前後のバックソナーが標準装備とされ、車庫入れ時に手助けをしてくれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る