第53回:チベット僧からミス・プジョーまで! 当世イタリア式プロモーションをご紹介

2008.08.09 マッキナ あらモーダ!

第53回:チベット僧からミス・プジョーまで! 当世イタリア式プロモーションをご紹介

ランチアとリチャード・ギア

「パパ、スゲエな! エンジンがすぐかかる♪」

1970年代末、ボクが小中学生の頃AMラジオで頻繁に流れていたGSバッテリーのCMソングである。エンジンがかかるのが当たり前となった今となっては、貴重な歌詞といえよう。CMは、いつも時代を反映していて面白い。

ということで今週は、イタリアにおけるクルマのプロモーションには、どんなものがあるかというお話をしよう。

最近一番話題になったのは、リチャード・ギアが登場する新型「ランチア・デルタ」のテレビCMであろう。イタリアでは2008年6月の新車発表の直後、13日から放映された。

ストーリーはこうである。
新型デルタに乗り込んでロサンゼルスのチャイニーズシアター(スターの手形を並べた街路)を旅立つギア。次のシーンはなぜかヒマラヤである。そしてチベットの少年僧たちと一緒に、雪の上に手形をつける。
最後のテロップには、「The power to be different」とでる。

このCMは、タイミング的に一連のチベット騒動が沈静化してからオンエアされたが、ギア自身がチベット独立支持を表明していることから中国当局が反発。それに対してフィアットは、イタリア国内では引き続き放映しながらも、一応謝罪するといういきさつがあった。

そうしたエピソードとは別に、作品として評価すれば、幻想的なムードを醸し出していた。「ニュー・シネマ・パラダイス」を手がけたことで知られるイタリアを代表する映画作曲家エンニオ・モリコーネの音楽の力も大きいだろう。

当初の発表では、2008年9月から欧州各国でも放映されることになっていた。フィアットの今後の対応が注目される。

スカイライン2000GTターボのTシャツを着て得意顔の筆者中学時代。
スカイライン2000GTターボのTシャツを着て得意顔の筆者中学時代。
ランチア・デルタのCM「チベット篇」。
ランチア・デルタのCM「チベット篇」。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事