「キャデラックCTS」、2009年モデルは右ハンドルも

2008.08.08 自動車ニュース

「キャデラックCTS」、2009年モデルは右ハンドルも

「キャデラックCTS」、2009年モデルは右ハンドルも

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、ミディアムセダン「キャデラックCTS」の2009年モデルを発表。2008年9月6日に発売する。


「キャデラックCTS」、2009年モデルは右ハンドルも

2007年10月にデビューした、新型「CTS」。従来のハンドル位置は左だけだったが、2009年モデルからは右ハンドル仕様が加わることになった。

また、2.8リッターと3.6リッターふたつのラインナップのうち、後者にはステアリングを握ったままシフトできる、「ステアリングタップシフト」が備わった。
ボディカラーは、「ラジアントシルバー」「ブルーダイヤモンド」の新色を含む全7色。価格は、「CTS 2.8」が2008年モデルより4万5000円アップして499万5000円。「CTS 3.6」は10万円アップの630万円となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
CTSセダンキャデラックCTS自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
ホームへ戻る