第75回:ほんとうの「カーiPod」を楽しんでますか?

2008.08.07 エッセイ

第75回:ほんとうの「カーiPod」を楽しんでますか?

あらためてわかるiPod人気の秘密

iPodが便利なオーディオツールということは、すでにご承知のはず。iPod nanoは名刺より小さいコンパクトボディに何百曲も取り込めるし、iPod touchやいま話題のiPhone 3Gに至っては、パソコンを経由せずにiTunes Storeから直接、音楽をダウンロードすることもできる。

家庭用オーディオ・プレーヤーとしてiPodを使う人もふえているし、もちろん携帯できるとなれば、クルマの中でだって大丈夫。いつも聞いている音楽やビデオをクルマの中で簡単に楽しめたら、というのは多くの人の夢であった。その夢を叶えたのがiPodなのだ。読者の中には「とっくに始めているよ」という人は多いだろう。でも悩みも多いのでは? たとえば音質と操作性。もしiPodの音楽をFMでカーラジオに飛ばしているのなら、そこそこの音質にしかならない。そういう人にまず試してほしいのが専用ケーブルによるiPodとのダイレクト接続だ。いま販売されているカーオーディオやカーナビは、ほとんどの製品がiPodと簡単に接続できるようになっている。なかでもカーナビは、7インチサイズのタッチパネルを採用しているため、視覚的に操作することができ、なかにはiPod本体を操作するよりも使い勝手がよい場合さえある。


第75回:ほんとうの「カーiPod」を楽しんでますか?の画像
名刺よりも小さいサイズでありながら、最大2000曲が取り込めるiPod nano。操作性のよさもアップルならでは。ヒット作となる理由がよくわかる。
名刺よりも小さいサイズでありながら、最大2000曲が取り込めるiPod nano。操作性のよさもアップルならでは。ヒット作となる理由がよくわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ