「MINIコンバーチブル」が生産終了

2008.08.07 自動車ニュース

「MINIコンバーチブル」が生産終了

独BMWが、現行型「MINIコンバーチブル」の生産を終了したと発表した。

■全体の約半分はクーパーだった

MINIコンバーチブルは、2004年春に生産が開始された4シーターオープン。これまでに16万4000台が生産され、オープンカー好きのMINIオーナーのニーズを満たしてきた。

このたび現行型最後のMINIコンバーチブルが、英オックスフォード工場をラインオフした。ちなみに最後にラインを通過したのはアメリカの顧客から注文を受けたメタリックホワイトシルバーの「MINIクーパーS コンバーチブル・サイドウォーク」。

参考までに現行のMINIコンバーチブルでもっとも人気が高かったグレードは、「クーパー」で生産台数は7万9500台。全体の約48%をこのグレードが占めた。2番人気は「クーパーS」で5万6500台(約34%)。続いて「ONE」が2万8000台(約17%)と続く。

現行のMINIコンバーチブルは、初代MINIのプラットフォームをベースに造られていたが、近い将来に2代目MINIをベースとするコンバーチブルが登場するのは間違いないだろう。

(webCG 曽宮)

 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像

関連キーワード:
MINIコンバーチブルMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • 赤いほろが目印の「マツダ・ロードスターRED TOP」登場 2017.11.10 自動車ニュース マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記