「MINIコンバーチブル」が生産終了

2008.08.07 自動車ニュース

「MINIコンバーチブル」が生産終了

独BMWが、現行型「MINIコンバーチブル」の生産を終了したと発表した。

■全体の約半分はクーパーだった

MINIコンバーチブルは、2004年春に生産が開始された4シーターオープン。これまでに16万4000台が生産され、オープンカー好きのMINIオーナーのニーズを満たしてきた。

このたび現行型最後のMINIコンバーチブルが、英オックスフォード工場をラインオフした。ちなみに最後にラインを通過したのはアメリカの顧客から注文を受けたメタリックホワイトシルバーの「MINIクーパーS コンバーチブル・サイドウォーク」。

参考までに現行のMINIコンバーチブルでもっとも人気が高かったグレードは、「クーパー」で生産台数は7万9500台。全体の約48%をこのグレードが占めた。2番人気は「クーパーS」で5万6500台(約34%)。続いて「ONE」が2万8000台(約17%)と続く。

現行のMINIコンバーチブルは、初代MINIのプラットフォームをベースに造られていたが、近い将来に2代目MINIをベースとするコンバーチブルが登場するのは間違いないだろう。

(webCG 曽宮)

 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像

関連キーワード:
MINIコンバーチブルMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.7 試乗記 MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)
    ……420万2000円

    外観からは大きな変化がないように思える新型「MINIコンバーチブル」。けれども、見えないところが、先代から確実に進化しているのだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
ホームへ戻る