「MINIコンバーチブル」が生産終了

2008.08.07 自動車ニュース

「MINIコンバーチブル」が生産終了

独BMWが、現行型「MINIコンバーチブル」の生産を終了したと発表した。

■全体の約半分はクーパーだった

MINIコンバーチブルは、2004年春に生産が開始された4シーターオープン。これまでに16万4000台が生産され、オープンカー好きのMINIオーナーのニーズを満たしてきた。

このたび現行型最後のMINIコンバーチブルが、英オックスフォード工場をラインオフした。ちなみに最後にラインを通過したのはアメリカの顧客から注文を受けたメタリックホワイトシルバーの「MINIクーパーS コンバーチブル・サイドウォーク」。

参考までに現行のMINIコンバーチブルでもっとも人気が高かったグレードは、「クーパー」で生産台数は7万9500台。全体の約48%をこのグレードが占めた。2番人気は「クーパーS」で5万6500台(約34%)。続いて「ONE」が2万8000台(約17%)と続く。

現行のMINIコンバーチブルは、初代MINIのプラットフォームをベースに造られていたが、近い将来に2代目MINIをベースとするコンバーチブルが登場するのは間違いないだろう。

(webCG 曽宮)

 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像
 
「MINIコンバーチブル」が生産終了の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る