スズキ、新型アルトを出展【パリサロン08】

2008.08.07 自動車ニュース

スズキ、新型アルトを出展【パリサロン2008】

【パリサロン08】スズキ、新型アルトを出展

スズキは、2008年10月に開催されるパリサロンに、2008年末頃から順次各市場に投入予定の新型車「アルト」を出展すると発表した。


スズキ、新型アルトを出展【パリサロン2008】

■海外向けアルトはインド産

2008年10月2日のプレスデイで開幕するパリサロンに、スズキが出展するのは新型車「アルト」。アルトといえば日本では軽自動車のことだが、軽のアルトと海外向けアルトの関連性は現状では不明。海外向けのアルトは、欧州Aセグメントに属する最小クラスのコンパクトカーで、「環境性能」「快適性」「安全性」を高い次元で実現したと謳われる。

海外向けモデルは、スズキのインド子会社、マルチ・スズキ社で生産される予定。インドでは2008年末頃から、欧州では2009年からの販売が計画されている。

スズキはこのほかパリサロンに、燃料電池車の「SX4-FCV」や燃料電池二輪車「crosscage」を出展する予定という。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 特集 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
ホームへ戻る