【スペック】エクスプローラーV8エディバウアー:全長×全幅×全高=4930×1870×1835mm/ホイールベース=2890mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8SOHC24バルブ(296ps/5750rpm、41.5kgm/4000rpm)/価格=525万円(テスト車=531万4900円/フロアマット=5万400円/ETC=1万4500円)

フォードSUVフルラインナップ試乗会【試乗記】

乗れるうちに乗っておけ! 2008.08.07 試乗記 フォード・エクスプローラーV8エディバウアー(4WD/6AT)/エクスプローラー・スポーツトラックXLT(4WD/5AT)/エスケープXLT(4WD/4AT)
……531万4900円/403万8600円/259万9350円

ガソリン高を理由に苦戦が伝えられる北米の大型SUV。しかし、そのクルマ本来の持ち味を忘れちゃいないか? 得意のオフロードコースで魅力を探ってみた。

開き直ってるわけじゃない

ビッグ3の日本法人は、どこも腹をくくったビジネスを展開している。その姿勢はまるで「じゃ、路上を走るクルマが燃費自慢のいい子ちゃんばかりになってもいいんですか?」と言わんばかり。そう言われたら我々としても「それはちょっと寂しいかも……」と答えざるを得ない。
彼らは日本でベストセラーを目指すつもりはない。数は少なくとも、いつの世も必ず存在する需要にしっかり応えていこうとしているのだ。だからこそ、このご時世にもかかわらず、大きなボディを大排気量で動かすモデルを選んで輸入する。

その戦略を最も明確に打ち出すのがフォード・ジャパンだ。同社は昨年だったか「フォーカス」や「フィエスタ」といったヨーロッパ製モデルの輸入をやめた。代わりに「エクスプローラー」「エクスプローラー・スポーツトラック」「エスケープ」というSUVの3モデルと「マスタング」に絞って輸入する。
一見、開き直りにも見えるこの戦略は、フォーカスやフィエスタには日欧のガチンコライバルがひしめき合うが、V8を積むわりに安価なエクスプローラーやマスタングには競合車種が少ないという、実は周到な計算によるものだ。

そのフォード・ジャパンが、SUV3モデルの試乗会を伊豆のオフロードコースで開いた。コース設定は、あたかも「あなたのクルマでこんなところ走れますか?」とでも言いたげ。その挑発的な提案に、ここはひとつ思い切りのっかって、まずはエスケープでコースインした。

エクスプローラーのボディ後半を荷台にした「スポーツトラック」。4リッターV6のほか、80台限定で4.6リッターV8モデルも選べる。
エクスプローラーのボディ後半を荷台にした「スポーツトラック」。4リッターV6のほか、80台限定で4.6リッターV8モデルも選べる。
スポーツトラックの運転席まわり。ハンドル位置は強気の(?)左のみ。
スポーツトラックの運転席まわり。ハンドル位置は強気の(?)左のみ。
【スペック】エスケープXLT:全長×全幅×全高=4480×1845×1745mm/ホイールベース=2620mm/車重=1550kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブ(157ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/価格=255万円(テスト車=259万9350円/フロアマット=2万9400円/シルバープレート付きスプラッシュガード=1万9950円)
【スペック】エスケープXLT:全長×全幅×全高=4480×1845×1745mm/ホイールベース=2620mm/車重=1550kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブ(157ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/価格=255万円(テスト車=259万9350円/フロアマット=2万9400円/シルバープレート付きスプラッシュガード=1万9950円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る