6代目「メルセデスSLクラス」、世界初公開【デトロイトショー2012】

2012.01.10 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】6代目「メルセデスSLクラス」、世界初公開

1月9日のプレスデイで開幕する、2012年の北米国際自動車ショー(デトロイトショー)。その前日に行われたメルセデス・ベンツの前夜祭「ニュー・イヤー・レセプション」において、新型「メルセデス・ベンツSLクラス」が世界初公開された。

■久々の世代交代

メルセデス・ベンツ・ブランドを統括する、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長のスピーチから始まったメルセデス・ベンツの前夜祭。ツェッチェ会場から報告された「2011年の輝かしい販売実績」は、もちろん注目に値する話題だったが、ホテルの広間にあふれんばかりのプレスがつめかけたその最大の理由は、11年ぶりにフルモデルチェンジをとげた新型「SL」の姿を見ることに他ならない。

ツェッチェ会長のスピーチが終わると、1952年に発表された、「SL」の始祖となるレーシングカー「300SL」、そのなかでも2番というシャシーナンバーを持つ最初期の、しかもフルレストアで新車と見間違うほどきれいに仕上げられたモデルが登場した。往年の名車を前にセールス・マーケティング担当のヨアヒム・シュミット氏が、初代「SL」にまつわる逸話を紹介。さらに新型のさまざまなテクノロジーが解説される。そのあとついに、お待ちかねの新型「SL」がひな壇に現れた。

展示されたのは2台。どちらもV8エンジンを搭載した上級モデルの「SL500」だ。1台はレッド、もう1台はシルバーで、シルバーのモデルは「エディション1」と呼ばれる特別仕様車。「AMGボディスタイリング」「スポーツサスペンション」「AMG19インチホイール」「デジーノ・ナッパレザーシート」などが、特別装備として与えられている。

■どこを見ても艶やか

新型「SL」のスタイリングの特徴は、ひと言で表現するならば“艶(あで)やかさ”だ。先代の「SL」よりも鮮麗さが増している。初代「300SLロードスター」を彷彿(ほうふつ)させるフロントフェンダーのエアアウトレットや、ドアからリアフェンダーへと流れるショルダーラインがそう感じさせるのかもしれない。フロントまわりは「SLS AMG」などに通じる“最新のメルセデス・ベンツ顔”だが、角型のヘッドランプは、どことなく3代目「SL」のR107型風だ。

バリオルーフによる制約が大きいのか、フォルム自体は先代モデルにかなり近い。そのため、近代のエアロダイナミクスデザインを取り入れた4世代目、バリオルーフを採用した5世代目のときのようなドラスティックな変化は見られない。ボディー全体がアルミ製になったことを表現する要素も、特に盛り込まれてはいない。もちろん、ただ変わればいいというものではないが、多少の物足りなさが感じられるのも事実だ。

インテリアは、「SLS AMG」や弟分の「SLK」に準ずるデザインだ。ただし、それらに比べてクロムやウッドが多用されており、エクステリア同様、艶やかさが増している。もちろん、「SL」に不可欠なスポーティーさも十分。また、カーナビなどを表示する液晶モニターをセンターパネル上部の一等地に配し、ユーティリティーのニーズにもしっかりと応えるなど、機能性への配慮も万全である。

アルミ製ボディーの採用によりホワイトボディーで110kg、車両全体で最大140kg軽くなった(「SL350」の場合)ことをはじめ、機能面についてはすでにリポートした以上のアナウンスはなかったが、軽量化とアジリティー、そして安全性の3つを高い次元で成立させたことは、強くアピールされた。

(文と写真=新井一樹)

新型「メルセデス・ベンツSLクラス」
新型「メルセデス・ベンツSLクラス」 拡大
お披露目に先立ち、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(写真)がスピーチを行った。
お披露目に先立ち、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(写真)がスピーチを行った。 拡大
発表会場に飾られた、レーシングカーの「300SL」(1952年)。その誕生から2年後の1954年に、量産モデルの初代「SLクラス」が発売された。
発表会場に飾られた、レーシングカーの「300SL」(1952年)。その誕生から2年後の1954年に、量産モデルの初代「SLクラス」が発売された。 拡大

6代目「メルセデスSLクラス」、世界初公開【デトロイトショー2012】の画像 拡大
運転席まわりの様子。写真は、特別仕様車「SL500 エディション1」のもの。
運転席まわりの様子。写真は、特別仕様車「SL500 エディション1」のもの。 拡大
「SL500」に搭載される、4.7リッターV8ツインターボユニット。435ps、71.4kgmを発生する。
「SL500」に搭載される、4.7リッターV8ツインターボユニット。435ps、71.4kgmを発生する。 拡大
6代目「メルセデスSLクラス」、世界初公開【デトロイトショー2012】の画像 拡大

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツデトロイトモーターショー2012自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
ホームへ戻る