フェラーリがオーナー向け季刊誌を創刊!

2008.08.06 自動車ニュース
フェラーリのオフィシャルマガジン『Signs』。
フェラーリがオーナー向け季刊誌を創刊!

フェラーリがオーナー向け季刊誌を創刊!

伊フェラーリはこのほど、オーナー向け季刊誌『Signs』を創刊すると発表した。

モンテゼーモロ会長(左)と、編集長を務めることになったA.ギーニ氏(右)。2006年撮影。
フェラーリがオーナー向け季刊誌を創刊!

雑誌のサイズは縦330mm×横240mm。『CAR GRAPHIC』誌(295mm×225mm)や一般的な自動車ブランドのオーナー向けマガジンと比べると一回り大きい。英語のみで、創刊号は180ページ。

編集は『VOGUE(ヴォーグ)』誌で知られるアメリカの大手出版社コンデナスト社との共同作業のかたちがとられ、車、モータースポーツ、文化、ファッション、デザインをフェラーリの視点で紹介。現在スクーデリア・フェラーリのアドバイザーを務める元F1パイロット、ミハエル・シューマッハーによるルカ・モンテゼーモロ会長のインタビューなど、目玉記事も盛り込んでゆく。

編集長を務めるアントニオ・ギーニ氏は、長年フェラーリの名物広報部長として采配をふるってきた人物。彼を知らない自動車ジャーナリストはいないと言ってよい。副編集長にはジャーナリストのジェイソン・バロー氏、アートディレクターにはヴォーグなどで活躍してきたレベッカ・スミス氏があたる。
また毎年12月号は280ページに拡大し、F1など1年を振り返るコンテンツを盛り込む予定という。

創刊号3万部はフェラーリ・オーナーに送付されるが、オフィシャルサイト「フェラーリ・ストア」を通じ、誰でも年間購読形式で手に入れることが可能だ。

コクピットに座るかわりに読んで味わうフェラーリ。気になるその値段は、年間250ユーロ(約4万2000円)である。

「フェラーリ・ストア」のオフィシャルサイト
http://www.ferraristore.com/

(文=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA/写真=Ferrari S.p.A. 大矢アキオ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。