【スペック】Giエアロ:全長×全幅×全高=4215×1695×1715mm/ホイールベース=2740mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(118ps/6600rpm、14.7kgm/4800rpm)/価格=225万7500円(テスト車=252万円)

ホンダ・フリード Giエアロ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

ホンダ・フリード Giエアロ(FF/CVT) 2008.08.06 試乗記 ……252万円
総合評価……★★★★

受注好調が伝えられるホンダのコンパクトミニバン「フリード」。キャプテンシートを備える7人乗り仕様に乗って、人気の理由を探った。

インテリアが絶品

環境にやさしく、しかもバリアフリーな乗り物として、最近見直されているのがトラム=路面電車だ。70年ぶりに復活したフランスのパリ、地方活性化の切り札となったわが国の富山など、世界のあちこちで見直しの動きが起こっている。もちろんそこを走るのは昭和的な「チンチン電車」ではなく、大きな窓とノンステップフロアで滑るように走るモダンな車両たちだ。

そんななか、ホンダは「ユーロトラム」をデザインコンセプトとした「モビリオ」に代えて、ごくごく一般的なミニバンスタイルのフリードを送り出してきた。モビリオのデザインは不評ではなかったというし、昨今のトラムの隆盛を考えると、「空気読めてるのか?」という気さえした。

でもキャビンに入った瞬間、そんな不満は吹っ飛んでしまった。長さ4215mmのなかに7人のおとなが座れるパッケージングも賞賛ものだが、なにより2段式のインストゥルメントパネルがすばらしい。圧倒的な開放感を生み出しつつ、使い勝手も最高レベル。しかも初代シビックに似ているというヘリテージ性もある。
エクステリアで選びたくなるミニバンから、インテリアで選びたくなるミニバンへ。無味乾燥な道具に陥りがちなこのカテゴリーに、2代続けてデザインの魅力を盛り込んできた。スポーツマインドとは別の意味で、ホンダらしさにあふれたクルマだ。

2001年12月にデビューした7人乗りのコンパクトミニバン、「モビリオ」。欧州の路面電車をモチーフにしたユニークな外観で知られた。
2001年12月にデビューした7人乗りのコンパクトミニバン、「モビリオ」。欧州の路面電車をモチーフにしたユニークな外観で知られた。

ホンダ・フリード Giエアロ(FF/CVT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フリードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る