プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

2008.08.05 自動車ニュース

プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトモデル「プジョー207」シリーズに、1.4リッターエンジンを搭載した5ドアのハッチバック「Style」(スタイル)を追加。2008年8月5日に発売した。

「207スタイル」は、プジョーの207シリーズ中最も廉価となるエントリーモデルだ。
スタイリングはボンネット前部の張り出しが無い穏やかなものとし、インテリアデザインも、ブラックを基調にシンプルでスタイリッシュな仕上がりとした。

一番の目玉は、「1007」と共通の2ペダル式5段MTを組み合わせた1.4リッターNAユニット。207では唯一のトランスミッション形式で、オートマチックとマニュアル、2つの走行モードが選べる。

いっぽうで一部の装備を簡略化し、価格を1.6リッターの4ATモデルより29.0万円安い210.0万円に抑えた。右ハンドルのみ。車重も軽くなったため、省燃費化も実現できたという。

(webCG 関)

「プジョー207スタイル」
「プジョー207スタイル」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る