プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

2008.08.05 自動車ニュース

プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトモデル「プジョー207」シリーズに、1.4リッターエンジンを搭載した5ドアのハッチバック「Style」(スタイル)を追加。2008年8月5日に発売した。

「207スタイル」は、プジョーの207シリーズ中最も廉価となるエントリーモデルだ。
スタイリングはボンネット前部の張り出しが無い穏やかなものとし、インテリアデザインも、ブラックを基調にシンプルでスタイリッシュな仕上がりとした。

一番の目玉は、「1007」と共通の2ペダル式5段MTを組み合わせた1.4リッターNAユニット。207では唯一のトランスミッション形式で、オートマチックとマニュアル、2つの走行モードが選べる。

いっぽうで一部の装備を簡略化し、価格を1.6リッターの4ATモデルより29.0万円安い210.0万円に抑えた。右ハンドルのみ。車重も軽くなったため、省燃費化も実現できたという。

(webCG 関)

「プジョー207スタイル」
「プジョー207スタイル」

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る