プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

2008.08.05 自動車ニュース

プジョー207に最廉価モデル「スタイル」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトモデル「プジョー207」シリーズに、1.4リッターエンジンを搭載した5ドアのハッチバック「Style」(スタイル)を追加。2008年8月5日に発売した。

「207スタイル」は、プジョーの207シリーズ中最も廉価となるエントリーモデルだ。
スタイリングはボンネット前部の張り出しが無い穏やかなものとし、インテリアデザインも、ブラックを基調にシンプルでスタイリッシュな仕上がりとした。

一番の目玉は、「1007」と共通の2ペダル式5段MTを組み合わせた1.4リッターNAユニット。207では唯一のトランスミッション形式で、オートマチックとマニュアル、2つの走行モードが選べる。

いっぽうで一部の装備を簡略化し、価格を1.6リッターの4ATモデルより29.0万円安い210.0万円に抑えた。右ハンドルのみ。車重も軽くなったため、省燃費化も実現できたという。

(webCG 関)

「プジョー207スタイル」
「プジョー207スタイル」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る