スバル「フォレスター」に黒革の特別仕様車

2008.08.04 自動車ニュース

スバル「フォレスター」に黒革の特別仕様車

富士重工業は、スバル・フォレスターに特別仕様車「ブラックレザー リミテッド」を設定し、2008年8月4日に販売を開始した。

■豪華内装を求めるなら

ノンターボの「2.0XS」とターボの「2.0XT」をベースに設定されるブラックレザー リミテッドは、通常は設定のないブラックの本革シートを採用したリミテッドエディションだ。

このほか特別装備として、スポーツルミネセントメーター、キーレスアクセス&プッシュスタート、フロントシートヒーター、運転席&助手席8ウェイパワーシート、メタル調パネルサイド、HIDロービームランプ、17インチアルミホイール、イモビライザー、UVカット濃色リアガラスなどが用意される。

ボディカラーは、ゴールド系、ホワイト系、シルバー系、ブラック系の4色から選べる。

価格は、2.0XS ブラックレザー リミテッドがベース車の34万6500円高となる249万9000円。2.0XT ブラックレザー リミテッドはベース車の18万9000円高、270万9000円。2.0XSと2.0XTをあわせて2000台の限定販売となる。

(webCG 曽宮)

「ブラックレザーリミテッド」は、スバルの販売50周年を記念して販売される特別仕様車だ。
「ブラックレザーリミテッド」は、スバルの販売50周年を記念して販売される特別仕様車だ。

スバル「フォレスター」に黒革の特別仕様車の画像

スバル「フォレスター」に黒革の特別仕様車の画像

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る