フォード、新型「Ka」の写真を公開

2008.08.04 自動車ニュース

フォード、新型「Ka」の写真を公開

フォードが、次期「Ka」(カー)の写真を公開した。新型は、2008年10月開催のパリサロンでデビューする模様だ。

■個性派コンパクト復活

フォードが新型「Ka」の写真を公開した。「Ka」は、現行モデル(初代)が1996年にデビュー。欧州フォードのコンパクト・スペシャルティカーで、「フィエスタ」をベースに、当時のフォードのデザイン手法である「ニュー・エッジ・デザイン」を採り入れた個性派コンパクトだった。日本でも1999年頃から一時期販売された。

2008年のパリサロンで正式デビューするといわれる新型も、成り立ちは初代に近いといえそう。フォード最新の「キネティック・デザイン」を採り入れ、実用一辺倒のクルマとは一線を画す、個性的な3ドアハッチに仕立てられているからだ。

内容についてメーカーは一切公開していないが、外誌によると、エンジンはガソリンが1.4リッターと1.6リッター。ディーゼルは1.6リッターターボディーゼルが用意される見通し。また、後に1.4リッターターボをベースとする高性能モデル「Ka ST」が加わる予定とか。

いっぽうプラットフォームは、フィエスタではなく、より小型な「フィアット500」のものをベースとするという噂もある。

(webCG 曽宮)


フォード、新型「Ka」の写真を公開の画像

フォード、新型「Ka」の写真を公開の画像

フォード、新型「Ka」の写真を公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。