クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4565×1785×2070mm/ホイールベース=2795mm/車重=2040kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ・コモンレールディーゼルターボ(122ps/3500rpm、36.7kgm/2000rpm)/価格=860.0万円(テスト車=880.0万円/メタリックペイント=20.0万円)(貨物登録定員5名)

ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【試乗記】

走るタイムマシン 2008.08.04 試乗記 ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)
……880.0万円
ディフェンダーは、いまなお新車で生産される“生きる伝説”。ステアリングホイールからは、デビュー以来60年の歴史がひしひしと伝わってきた。

眺めるだけで“歴史散歩”

ランドローバーのディフェンダーが新車で輸入されると聞いてびっくり。ディフェンダーは生産中止になったものだとすっかり勘違いしていました。

ホントのところは、日本での販売が2005年で終了していただけで、本国イギリスでは今でも生産しているとのこと。
ディフェンダーの日本への輸入を開始したのはPCIという会社で、VTホールディングスの100%子会社。ちなみに、ロータスを輸入するLCIもVTホールディングス配下の組織だ。

乗り込む前に、周囲をぐるっと回っていろんな角度からディフェンダーを眺める。1948年(!)に登場した時から、造形に劇的な変化はない。
ボディがパキパキに角張っているのはアルミ製パネルを用いているから。アルミを使ったのには、第2次大戦後のイギリスでは鉄が不足していてアルミが余っていたという事情がある。そういえば、ディフェンダーは第2次大戦で大活躍した米国のジープを目標に開発されたんだっけ。

なんていう具合に、このクルマは外から眺めるだけで歴史散歩ができる。ステップに足をかけて、高い位置にある運転席によじ登る。よじ登りながら、ディフェンダーの愛用者だったチャーチルやエリザベス女王や白洲次郎も「よっこらしょ」なんてかけ声をかけたのか、てなことに想いを馳せる。やはり歴史散歩だ。


ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大
テスト車の「110 XS SW」以外に、全長で680mm、ホイールベースで435mm短い“ショート版”の「90 XS SW」も輸入される。110が860.0万円、90が798.0万円になる。
テスト車の「110 XS SW」以外に、全長で680mm、ホイールベースで435mm短い“ショート版”の「90 XS SW」も輸入される。110が860.0万円、90が798.0万円になる。 拡大
現在「110」のロングモデルは、貨物登録のみのため「100」ナンバーで5人乗り。乗用車登録は7人乗りとなる。ショート版は4人乗り。
現在「110」のロングモデルは、貨物登録のみのため「100」ナンバーで5人乗り。乗用車登録は7人乗りとなる。ショート版は4人乗り。 拡大

市街地は苦手、クルージングはまずまず

運転席に腰掛けて正面を向いて、もう一度びっくり。外観は昔のままだけど、インテリアはイマ風なのだ。
つやつやした黒い樹脂パネルに銀色に縁取られたメーターが収まっている。クールだな〜と思いながら資料にあたると、現行の「ランドローバー・ディスカバリー3」と共通なのだという。なんというか、おじいちゃんが孫の洋服を借りたような風情がほほえましい。

ネットリと重く、かつストローク量の多いクラッチを踏み込んでキーをひねると、フォード製2.4リッター直4ディーゼルターボがブロロンと目覚めた。これまたストローク量の多いゲトラク製6MTを1速に入れてクラッチを繋ぐ。
このディーゼルユニットは、低回転域からトルクがモリモリ湧いて出るタイプで、発進時に当てずっぽうでクラッチを繋いでもエンストする気配はない。ただし、騒音と振動はそれなり。

1速で「ガラガラ、ゴロゴロ」という音と振動が我慢できる限界である4500rpmまで回すと30km/h、2速だと60km/h。エンジンパワーは2トンを超す車重に充分とは言えないようで、加速は鈍重。都内の一般道の流れに乗るのに気を遣う。6速での100km/h巡航時、タコメーターは2000rpm付近を指している。これぐらいでクルージングしている限り、音や振動は気にならない。


ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大
エンジンは、ランドローバーがフォードのPAG(プレミアム・オートモーティブ・グループ)に属していた関係からフォード製のディーゼルユニット。このエンジンが日本の新長期規制をクリアしたことから、日本へ導入されることとなった。
エンジンは、ランドローバーがフォードのPAG(プレミアム・オートモーティブ・グループ)に属していた関係からフォード製のディーゼルユニット。このエンジンが日本の新長期規制をクリアしたことから、日本へ導入されることとなった。 拡大
ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大
ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【短評】

おじいちゃんの昔話を聞きながら

音や振動は気にならない一方で、乗り心地は気になる。鋭いショックは遮断されているけれど、上下に体が揺さぶられる。不快というのともちょっと違って、なんだか落ち着かない感じ。以前に比べれば飛躍的に改善されたものの、直進安定性も不足気味。特に高速道路で、横風を受けた時やトラックを追い越す瞬間などにグラッと進路が乱されて、かなりコワい思いをする。

写真のテスト車には、3列目シートがあるが、通常貨物登録車には装着されない。2列目と荷室の間のドッグガードは標準装備。中央分部が開閉可能なので、長物を入れる時などに便利。
写真をクリックするとの荷室のアップと後席を前転させた時の様子が見られます。
ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW【短評】

用賀インターから東名高速に乗って厚木を過ぎるあたりで肩がぱんぱんに張っていることに気付いた。運転中、直進に気を使ってムダな力が入っていたんでしょう。直進安定性のほかにも、モワーッと頼りないフィーリングのブレーキだとか、極端にスローなステアリングだとか、「むむ?」と思えるところがいくつもある。

でも、モダンなフィーリングが欲しければ最新SUVを買えばいいわけで、ディフェンダーはプリミティブな感触を積極的に味わいたいと考える人のためのマニア案件だ。

歴史散歩をするためのクルマだと思えば、やや古臭い印象のエンジンを労りながら回すことも、全体にモヤーっとしたステアリングやブレーキを丁寧に操作することも楽しめる。そうすると、おじいちゃんの昔話を聞きながら散歩しているような穏やかな心持ちになる。

ランドローバー・ディフェンダー 110 XS SW(4WD/6MT)【短評】

1950年代、このクルマのキャッチコピーは「The "Go anywhere" Vehicle」で、オフロードや泥濘地を越えてどこへでも行けることがウリだった。そしていま、このクルマに乗ると時間を超えてどこへでも行ける。ちょっとしたタイムマシンのようだ。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

関連キーワード:
ディフェンダーランドローバー試乗記

あなたにおすすめの記事