ホンダ、「NSXコンセプト」など3モデルを公開【デトロイトショー2012】

2012.01.10 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】ホンダ、「NSXコンセプト」など3モデルを世界初公開

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2012年1月9日、北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で、アキュラブランドの新型3モデル「NSXコンセプト」「ILXコンセプト」「RDXプロトタイプ」を世界初公開した。

ホンダはデトロイトショーで、かねてより復活がうわさされていた「NSX」のコンセプトモデルを初公開するとともに、新型コンパクトラグジュアリーセダンの「ILXコンセプト」と、2代目となる新型「RDX」のプロトタイプの、計3台のワールドプレミアを披露した。同社は「NSX」の投入により、アキュラブランドのイメージ刷新を図るとともに、「ILXコンセプト」「RDX」の2台のニューモデルを加えることで、2012年に前年比で45%増となる年間18万台の販売台数を狙うとのことだ。

■次期「NSX」は3年以内に発売予定

NSXコンセプトは、量産車では世界初のオールアルミモノコックボディーを採用した初代NSXから軽量ボディーコンセプトを受け継ぐとともに、ハイブリッドパワートレインや新世代4WDシステムといった先進技術を搭載している。

パワートレインは、V6直噴VTECエンジンをミドシップレイアウトで配置し、前輪を駆動する2つのモーターとデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた「スポーツハイブリッドSH-AWDシステム」を採用。左右のトルクを個別に制御可能なトルク自在制御システムにより、オン・ザ・レール感覚のコーナリング性能を実現するとうたわれる。

新型NSXはアメリカで開発され、生産もオハイオ州の工場で行われるとのこと。3年以内の発売が予定されている。

■エントリースポーティーセダン「ILX」

「ILXコンセプト」は、若年層向けに開発された小型スポーティーセダンのスタディーモデルだ。ホンダのマーケティング調査によると、北米のプレミアムカー市場は乗用車試乗全体の1割程度ではあるものの、ユーザーの8割はプレミアムカーへの乗り換えを望んでいるという。ILXコンセプトはそうした潜在ユーザーを取り込むことを狙って開発されたモデルで、若年層が購入時に重視するスタイリング、お買い得感、環境性能の3つの要素が重点的に高められている。

パワートレインは、2リッターおよび2.4リッターの4気筒ガソリンエンジンと、アキュラ車では初となる1.5リッターハイブリッドエンジンの3タイプが設定される。ILXコンセプトをベースとした市販モデルは米インディアナ工場で生産され、2012年春の発売が予定されている。車両のベース価格は、3万ドルを切るとのことだ。

■次期「RDX」のプロトタイプ

2代目となる新型「RDX」は、品格のあるスタイリングと、ゆったりとしたキャビンおよび荷室を両立した小型CUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)だ。エンジンは従来の2.3リッター直4ターボユニットから3.5リッターV6ユニットに置き換えられた。燃費性能は、FF車では市街地モードが20mpg(8.5km/リッター)、高速モードは28mpg(11.8km/リッター)を達成するとのこと。また新開発の4輪駆動システムを採用するモデルの設定も予定されている。

機能面では、ホイールベースやトレッドの拡大により、居住空間と荷室の拡大が図られるとともに、ワンタッチで格納可能なリアシートが採用される。新型RDXは米国オハイオ州で生産が行われ、2012年春の発売が予定されている。

アキュラは、北米を開発や生産の拠点として今後3年間で全モデルを一新するとのこと。北米と中国でのブランド強化に加え、2013年以降はアラブ首長国連邦、サウジアラビア、ロシア、ウクライナの各市場にも進出を図るという。

(webCG 曽宮)

ホンダ、「NSXコンセプト」など3モデルを公開【デトロイトショー2012】の画像
「アキュラNSXコンセプト」
「アキュラNSXコンセプト」
「アキュラILXコンセプト」
「アキュラILXコンセプト」
「アキュラRDXプロトタイプ」
「アキュラRDXプロトタイプ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 JAIA輸入車試乗会2017 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る