第11戦ハンガリーGP、コバライネン初優勝【F1 08 速報】

2008.08.03 自動車ニュース

【F1 08 速報】第11戦ハンガリーGP、コバライネン初優勝

F1世界選手権第11戦ハンガリーGP決勝が、2008年8月3日、ブタペスト近郊のハンガロリンク・サーキット(4.381km)を70周して行われた。

勝利目前の残り3周、フェラーリのフェリッペ・マッサがストレートでストップ。かわってマクラーレン・メルセデスのヘイキ・コバライネンがトップに立ち、自身初優勝を飾った。
コバライネンは、今年5人目の勝者であるとともに、F1史上100人目のウィナーとして記録されることとなった。

2位はトヨタのティモ・グロックで初表彰台。この週末苦戦をしいられたフェラーリのキミ・ライコネンが3位でチェッカードフラッグを受けた。

最後のピットストップでライコネンに抜かれたルノーのフェルナンド・アロンソが4位、2位走行中にタイヤがパンクし10位まで順位を落としたマクラーレンのルイス・ハミルトンは最終的に5位でゴールした。
ルノーのネルソン・ピケJrは2戦連続ポイントフィニッシュとなる6位、トヨタのヤルノ・トゥルーリは7位、BMWザウバーのロバート・クビサは8位でレースを終え最後の1点を手に入れた。

以下、9位マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー)、10位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、11位デイヴィッド・クルタード(レッドブル・ルノー)、12位ジェンソン・バトン(ホンダ)、13位中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)、14位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、15位ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・フェラーリ)、16位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)、17位マッサ(フェラーリ)、18位セバスチャン・ブルデー(トロロッソ・フェラーリ)が完走した。

チャンピオンシップでは、ハミルトンが62点でポイントリーダーの座を守った。2位ライコネンはその5点ビハインド、3位マッサは8点後方につけている。
いっぽうコンストラクターズタイトル争いは、フェラーリの首位はかわらないが、BMWザウバーを抜きマクラーレンが2位に浮上した。フェラーリとマクラーレンの差は11点だ。

F1サーカスは短い夏休みに突入。次戦はスペインはバレンシアでの初レース、ヨーロッパGPとなる。決勝は8月24日だ。

(文=bg)


第11戦ハンガリーGP、コバライネン初優勝【F1 08 速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。