第52回:「フィアット500」のLPG仕様車登場! これからは「エコかっこいい」の時代

2008.08.02 エッセイ

第52回:「フィアット500」のLPG仕様車登場!これからは「エコかっこいい」の時代

ガススタンドが3000か所

先日イタリアでは、新型「フィアット500」のLPG仕様車が登場した。
これは、LPG/メタン仕様の改造キットメーカーで、23%の業界シェアをもつ「ランディレンツォ」社がプロモーション用に製作したもの。背景にあるのは、ここのところイタリアで再燃しているガス仕様車への関心である。

イタリア人ドライバーへのガス仕様車の浸透は、昨日今日に始まったことではない。
この国では、遠く1960年代から一般車にも広く普及し始めた。
燃料費は今日イタリアでガソリンやディーゼルが1リットルあたり約1.5ユーロのところ、ガスは0.7ユーロ前後と、半分以下だ。

公共交通機関が発達していないイタリアで、クルマは日々の暮らしの重要な足である。またヴァカンスにも8割の人が自動車を使う。したがって、燃費低減は重要な課題なのだ。
そして、ガスの充填インフラが早くから整備されたのも人気を後押しした。日本ではなかなか見つからないが、イタリアではメタン用も合わせてガススタンドは全国に3000か所もある。
その割合は、スタンド総数の10%以上となる。欧州でも屈指の数字だ。

CO2の排出量が少ないことによるエコ奨励金が出ることも普及に拍車をかけた。州や県によって違いがあり、予算がなくなり次第毎回制度が一旦終了してしまうものの、円にして25万円くらい出ることがある。

ランディレンツォ社が公開した「フィアット500 LPG仕様」。
ランディレンツォ社が公開した「フィアット500 LPG仕様」。
アドリアーノさんとLPG仕様の「オペル・アギーラ」。
アドリアーノさんとLPG仕様の「オペル・アギーラ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.3.25 試乗記 フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)
    ……233.0万円

    2007年にデビューしたリバイバル版「フィアット500」が、いよいよ日本でも発売開始。初期導入される1.2リッターモデルを、初春の東京で試した。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る