第367回:発見! 「ビアンテ」を手がけたのはピカソだった!?  
「このデザインはキュビズムかもしれません」

2008.08.01 エッセイ

第367回:発見! 「ビアンテ」を手がけたのはピカソだった!?  「このデザインはキュビズムかもしれません」

横から作った、ビアンテのデザイン

さてさてついにデビューしたマツダ久々の新型トールミニバン「ビアンテ」。最近ハズシが少ないマツダ車だけに、その走りや居住性も気になるところだが、不肖・小沢が一番気になるのはやはりデザイン。実際、あの独特のヘッドライトデザインはどういう発想で、どのように作られたのか? 正直ファミリー向けのミニバンとしては大胆すぎるようにも思えるが、メーカー内での葛藤はなかったのか?
旧知のチーフデザイナー、小泉さんを直撃してまいりましたっ!

コージ:小泉さん。単刀直入にこのデザイン、かなりすごいと思うんですけど、どういう過程で作られたんですか?
小泉:大胆、個性的、独創的、みなさんそうおっしゃいますけど、僕の中ではたいしたことをしたつもりはないんです。当たり前のことを当たり前にやっていったらああなっただけで。
コージ:狙ったってわけじゃないんですね。
小泉:全然。好き嫌いが出るデザインとはわかっていましたけど、慣れちゃえばどうってことないカタチですよ。
コージ:そうですかねぇ。あんなヘッドライトデザイン、見たことないですけど。
小泉:そもそもあのデザインは必然的に生まれたんです。ご存じのとおり、ビアンテはプレマシーをベースに作られてるんですけど、プレマシーはミニバンとしてはとてもスポーティで、フロントのプラットフォームがすごく低い位置にあるんです。それに従ってフロントシートやベルトラインもかなり低い位置にある。
コージ:全然そうは見えないですけどね。ビアンテを見る限り。
小泉:狙って作ってますから(笑)。
コージ:なるほど。その結果、ああいうデザインになったと。
小泉:あのデザインは横から作り始めたんですよ。サイドラインをいかにスポーティに見せるかっていうところから始まってます。普通にあのプラットフォームの上に単純に大きなグラスエリアを持つアッパーボディを載せたら、すごく不格好に見えてしまう。
コージ:それでああいう流れるようなスポーティデザインになったわけですね。ボディの大きさを感じさせないヘッドライトやサイドビュー。
小泉:そのとおり。今のマツダのデザインアイデンティティである“Nagare”(流れ)コンセプトでもありますしね。
コージ:抵抗なかったんですか。社内的にもあのデザインは。
小泉:もちろんユーザークリニックはしましたよ。とある関東の観光地ですけど、するとこのカタチと、いわゆるオーソドックスなミニバンスタイルとで比べてみて、ほとんど賛成票に差がなかったんです。
コージ:マジですか?
小泉:マジですよ(笑)。それに今のマツダの“Zoom-Zoom”戦略からいって、マツダがせっかく作るミニバンが普通のデザインであってもしょうがない。そういう共通認識もありました。


第367回:発見! 「ビアンテ」を手がけたのはピカソだった!?  「このデザインはキュビズムかもしれません」の画像
右が「マツダ・ビアンテ」を手がけた小泉巌チーフデザイナー。
右が「マツダ・ビアンテ」を手がけた小泉巌チーフデザイナー。

第367回:発見! 「ビアンテ」を手がけたのはピカソだった!?  「このデザインはキュビズムかもしれません」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』