独BMW、Mモデルの2009年モデルを発表

2008.08.01 自動車ニュース
 
独BMW、Mモデルの2009年モデルを発表

独BMW、Mモデルの2009年モデルを発表

M3、M5、M6というBMWのハイパフォーマンスモデルを手がけるBMW M社が、2009年モデルを発表した。デザインの細かい見直しが主な変更点となる。

ラウンド形状のリアバンパーが採用され、ヒップラインが引き締まった印象のM3セダン。
ラウンド形状のリアバンパーが採用され、ヒップラインが引き締まった印象のM3セダン。
リアコンビランプの意匠が変更されたM3セダンのリアビュー。
リアコンビランプの意匠が変更されたM3セダンのリアビュー。

■3シリーズのフェイスリフトに準拠

クーペ、セダン、そして、カブリオレ(日本未導入)の3タイプをラインナップするM3は、BMW M社のボリュームセラーであり、最近では7段DCT(ダブルクラッチ・トランスミッション)の投入が話題を呼ぶなど、相変わらずの人気ぶりだ。

そのM3のセダンモデルは、2009年モデルでは3シリーズセダンのフェイスリフトに追随するように、リアエンドのデザインを変更。LEDを採用するL字型のリアコンビネーションランプで新しさを強調する。またトランクリッドとバンパーデザインを従来より丸みを帯びた形状に変更した。

一方の室内は、すべてのボディタイプでエンジンのスタート/ストップボタンやエアコン調整用ノブなどを新たにデザインしている。さらに、この秋以降にデリバリーされるモデルからは追突時に乗員のダメージを軽減するアクティブヘッドレストが装着される。

視認性が高められた新意匠のドアミラー。写真はM5セダン。
視認性が高められた新意匠のドアミラー。写真はM5セダン。
iDriveの操作性向上が図られた。写真はM3クーペ。
iDriveの操作性向上が図られた。写真はM3クーペ。

■M6クーペにコンペティション・パッケージを用意

M5およびM6では、ドアミラーのデザインを変更して印象を変えるとともに、これまでよりも広い視野を確保している。ドアミラーカバーのカラーとしてカーボンブラックが用意されるのも2009年モデルからだ。ブレーキ時に発生するエネルギーを蓄える「ブレーキ・エナジー・リジェネレーション」など、低燃費を目指した「エフィシェント・ダイナミクス」を適用するのはこのMモデルでも例外ではない。

M6クーペには、コンペティション・パッケージを用意。これは、前12mm、後10mmローダウンした専用チューンのサスペンションとサスペンション・コントロールシステム、鍛造ダブルスポークデザインのアルミホイールをパッケージ化したもので、ハンドリングの向上を狙う。また、同パッケージではボンネットも専用デザインとなる。

このほか、2009年モデルでは新世代のiDrive を採用(M5とM6は標準、M3はオプション)。コントローラーの見直しによって操作性の向上を図るとともに、最新のスマートフォン用ケーブルを用意して話題のiPhoneなどに対応するなど、トレンドに敏感なところもBMWらしい。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M6クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る