【スペック】全長×全幅×全高=4870×1795×1470mm/ホイールベース=2850mm/車重=1860kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)、交流同期電動機(200ps、 28.0kgm)/価格=619万円(テスト車=724万8400円)

トヨタ・クラウンハイブリッド(FR/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・クラウンハイブリッド(FR/CVT) 2008.08.01 試乗記 ……724万8400円
総合評価……★★★★★

トヨタの伝統ブランド「クラウン」に、エコロジーなグレードが登場。
最新のハイブリッドシステムは、高級サルーンの走りや乗り心地に、どんな変化をもたらすのか? 

王冠が似合うエコ性能

ハイブリッド化によるメリットは、重量級のクルマほど大きい。減速時に発するエネルギーをより多く回収できるからだ。モニターを見ながら、蓄えられた電気をたくさん使うように扱えば、燃費は確実によくなる。それを念頭に運転すべきである。
クルマの初動を電気で行う機会を増やすためにも、EVスイッチの位置はもっと手元に欲しい。あるいはバッテリーがあるかぎり、発進は必ず電気モーターで行うように設定してしまっていいだろう。

「エネルギーモニター」によれば、1分間ごとの集計で20km/リッター以上の棒グラフがいくつも連続するなど、1860kgの重量車が二桁の燃費にのる事実に驚かされる。小型軽量化して燃費を上げるのは急務、小型化できないクルマでもハイブリッドなら省燃費が可能……この事実を知らしめる功績は大きい。
ハイブリッドシステムをもつ車両価格は、たとえ高価であれステイタス性を伴うものだろうし、このクラスのユーザー層は比較的受け容れやすいはず。今後増殖することが期待される。

動力の流れを示す「エネルギーモニター」は、ハイブリッドならではの機能。
動力の流れを示す「エネルギーモニター」は、ハイブリッドならではの機能。

トヨタ・クラウンハイブリッド(FR/CVT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る