第19回:クルマ大好きMr.ビーンがスパイになって大活躍!
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

2012.01.10 エッセイ

第19回:クルマ大好きMr.ビーンがスパイになって大活躍!『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

「マクラーレンF1」で大クラッシュ

Mr.ビーンことローワン・アトキンソンは、熱狂的なクルマ好きとしても知られている。2011年8月には自ら運転する「マクラーレンF1」で派手な全損事故を起こした。レースにも大いに興味を持っており、2011年10月のF1インドGPでルイス・ハミルトンとフェリッペ・マッサの接触事故が発生したときには、得意の変顔でマッサへの不満を表すところがテレビに映されていた。ドラマ『Mr.ビーン』の中では「ミニ」(最初は69年の「モーリス・ミニMkII」で途中からは77年「ミニ1000」)を愛車とし、なぜか三輪自動車「リライアント・リーガル」に激しい敵意を示していた。

2003年に公開された映画『ジョニー・イングリッシュ』でも、もちろんクルマが活躍した。英国諜報(ちょうほう)部MI7のスパイであるジョニー・イングリッシュが「アストン・マーティンDB7」に乗って大暴れする。アストンに乗るスパイなんてまるでジェームズ・ボンドのようだが、もちろんこの映画は007シリーズのパロディーなのだ。オープニングだって、あの有名な映像をもろにまねしている。ただ、これはパクリではない。昨年の大ヒット日本映画に海外のマイナー作品をモロパクリしたものがあったけど、ああいうセコいやり口ではなく、ちゃんとリスペクトがある。

今回はその続編で、日本版サブタイトルの「気休めの報酬」というのは、2008年のダニエル・クレイグ主演作『007慰めの報酬』からとっているわけだ。ちょっといまさら感は拭えないけれど、日本映画でもなぜか無意味に「報酬」をタイトルに使ったメジャー作品があったな……。ちなみに、本家の「007シリーズ」は現在製作中で、今年12月1日に『スカイフォール』が日本公開されることが発表されている。

(C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『ジョニー・イングリッシュ』DVD
『ジョニー・イングリッシュ』DVD

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。