【スペック】全長×全幅×全高=4970×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4100rpm)/価格=760.0万円(テスト車=776.0万円)

ジャガーXF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/6AT)【ブリーフテスト】

ジャガーXF 3.0プレミアムラグジュアリー(FR/6AT) 2008.07.31 試乗記 ……776.0万円
総合評価……★★★
ジャガーの新世代スポーツサルーン「XF」。今までのジャガーとは異なるディテールを持ち、その走りにも期待が高まるモデルだ。3リッターモデルでその乗り味を試す。


ジャガーだから価値がある

モデル的には「Sタイプ」の後継車種となるジャガーのミディアムサルーン「XF」。ただしその外観からもわかるように、内側ライトをシャープに切れ込ませることで「伝統の丸目2灯」を敢えて廃し(入門モデルといえるXタイプがより逆にこれを強調しているのが面白い)、意欲的にジャガーの未来を切り開こうとする、ニューエイジコンセプトをはらんだモデルである。
ゆえにボディシェイプもいわゆる箱型セダンではなく、4ドアクーペ的スタイルだ。ただしジャガーも実際の車内空間は狭苦しくしたくない。果たしてできあがった姿は、事前に発表されたショーモデルほどのやり過ぎ感はなくなったが(それはまるでXKセダンとも言えるものだった)、より現実的なサイドグラスエリアを持ちながらも、セダンとしては美しいプロポーションとなった。このバランスを一歩間違えたら、実に中途半端なものとなっただろう。

こと日本という環境においては今の時代、とりたてて広くもなく、荷物も満載できず、5人しか乗れないセダンを選ぶ理由は希薄だ。それでもセダンを選ぶ理由は、このクルマの場合なら、「ジャガーだから」だろう。

そんなブランドへの期待値に後押しされ、XF購入を決断したら、そのドライバーは自分がブランドバリュー以上の価値を手に入れたことに気づくはずだ。
これまでのジャガー路線とは違ってかなり斬新なデザイン。ゆえに好き嫌いはハッキリ分かれそうである。4ドアクーペを実践するスタイルは美しいが、そのディテールは意地悪く言えば、「前からみたらレクサス、後ろを見ればアストン」のようにも見える。ドアやフロントウィンドウの縁取り、トランクなどに飾られるメッキモールはきらびやかだが、どうも二番煎じな印象もうける。もともとはイギリスのお家芸ともいえる手法ではあるのだが。

これを打ち消すためにもボディカラーの選択は重要。個人的には試乗車のラディアンスレッドは「レクサスGS」的すぎて、もっと寒色系のほうが似合ってると思えた。イメージカラーであるフロストブルーや、ルナーグレイなどを選ぶと、やっぱりジャガー。二次元でこれを伝えるのは難しいから、ぜひとも実車をご覧あれ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る