メルセデス・ベンツ「Cクラス」、基本装備を一部変更

2008.07.30 自動車ニュース
C300アバンギャルドS
メルセデス・ベンツ「Cクラス」、仕様と装備を一部変更

メルセデス・ベンツ「Cクラス」、基本装備を一部変更

メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスのセダンとステーションワゴンモデルの装備を一部見直し。2008年7月29日に発売した。

C250ステーションワゴンエレガンス
メルセデス・ベンツ「Cクラス」、仕様と装備を一部変更

今回の主な変更点は、安全装備の追加とスポーティ性をさらに高める「ダイナミックハンドリングパッケージ」の採用だ。

セダンおよびワゴンモデルの全車に、「SRSニーバッグ」や急ブレーキ時にブレーキランプを点滅させ後続車の注意を喚起する「アダプティブブレーキライト」を標準とした。
さらに、走行状態に応じて照射範囲を変化させる「インテリジェントライトシステム」をアバンギャルドモデルやC63AMGに採用するなど、一部グレードのランプ類をアップグレードさせた。

駐車時などにドライバーの運転操作をサポートする「パーキングアシストリアビューカメラ」もセダンモデルの全車に標準化。
「C300アバンギャルドS」と、「C200コンプレッサー/C250」のアバンギャルドSパッケージ装着車には、「ダイナミックハンドリングパッケージ」を与え、運転状況や路面状況に応じたセッティング(ダンパー減衰力の電子制御、変速スピードやエンジン特性のスイッチ切替え)ができるようにした。

ほか、本革シートやコンフォートパッケージを新たに設定するなど、一部モデルのオプション装備も充実させた。

価格は、以下の通り。

C200コンプレッサー(右ハンドル):437.0万円
C200コンプレッサーエレガンス(右ハンドル):476.0万円
C200コンプレッサーアバンギャルド(右ハンドル):483.0万円
C250エレガンス(左/右ハンドル):576.0万円
C250アバンギャルド(左/右ハンドル):590.0万円
C300アバンギャルドS(右ハンドル):693.0万円
C63AMG(左/右ハンドル):1030.0万円

C200コンプレッサーステーションワゴン(右ハンドル):457.0万円
C200コンプレッサーステーションワゴンエレガンス(右ハンドル):496.0万円
C200コンプレッサーステーションワゴンアバンギャルド(右ハンドル):503.0万円
C250ステーションワゴンエレガンス(右ハンドル):596.0万円
C250ステーションワゴンアバンギャルド(右ハンドル):610.0万円
C63AMG ステーションワゴン(右ハンドル):1054.0万円

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
ホームへ戻る