【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢

2008.07.29 自動車ニュース
 
低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

【Movie】低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

アウディジャパンは2008年7月29日、新型アウディA4アバントを発表。8月19日より販売を開始する。

アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■もっとも人気のアウディ

新型アウディA4アバントの国内販売が8月19日に開始される。A4シリーズはアウディの基幹車種だが、その中でもアバントは、(日本では)セダンより販売台数が多い。A3よりデビューが早く、認知度が高いことも手伝って、A4アバントはもっとも人気のある1台となっているのだ。

ワールドデビューは、2008年3月のジュネーブショー。先にデビューしたA5やA4セダンとプラットフォームを共用しており、走行性能と実用性の両面でより高い素質を持って生まれた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4705mm×1825mm×1465mm。ホイールベースは2810mm。全高が25mm高いことを除けば、寸法はA4セダンと同じ。先代アバントと比べると全長が約120mm長く、全幅も55mmワイドになった。

モデルバリエーションは、1.8リッター直噴ターボのFFモデル「1.8 TFSI」と、3.2リッターV6のAWDモデル「3.2FSIクワトロ」の2モデル。価格は、「1.8 TFSI」が437万円、「3.2FSIクワトロ」は663万円に設定された。ナビゲーションシステムやフルセグ対応地上デジタルTVチューナーなどを内包するマルチメディアインターフェイスは全車に標準装備される。

 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■新型のアピールポイントは低燃費

搭載されるパワーユニットはいずれも環境性能に配慮した新世代ユニットで、燃費性能においてライバルよりアドバンテージがあることが暗にアピールされる。1.8リッター直噴ユニットは、最高出力160ps、最大トルク25.5kgmを発生。13.4km/リッターの10・15モード燃費は、先代より17.5%向上しているだけでなく、同クラスの同等の排気量のモデルと比べ、約20%のアドバンテージを稼ぎ出しているという。

また3.2リッターV6ユニットは、吸気側にアウディバルブリフトシステム(可変バルブリフト機構)を備え、同時に内部抵抗の低減を図った設計となっている。こちらは最高出力265ps、最大トルク33.7kgmを発生。10・15モード燃費は先代より9.4%の向上となる9.3km/リッターをマークする。

新型アウディA4アバント発表会 動画レポート


アウディA4アバント海外試乗記


(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る