【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢

2008.07.29 自動車ニュース
 
低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

【Movie】低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

アウディジャパンは2008年7月29日、新型アウディA4アバントを発表。8月19日より販売を開始する。

アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■もっとも人気のアウディ

新型アウディA4アバントの国内販売が8月19日に開始される。A4シリーズはアウディの基幹車種だが、その中でもアバントは、(日本では)セダンより販売台数が多い。A3よりデビューが早く、認知度が高いことも手伝って、A4アバントはもっとも人気のある1台となっているのだ。

ワールドデビューは、2008年3月のジュネーブショー。先にデビューしたA5やA4セダンとプラットフォームを共用しており、走行性能と実用性の両面でより高い素質を持って生まれた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4705mm×1825mm×1465mm。ホイールベースは2810mm。全高が25mm高いことを除けば、寸法はA4セダンと同じ。先代アバントと比べると全長が約120mm長く、全幅も55mmワイドになった。

モデルバリエーションは、1.8リッター直噴ターボのFFモデル「1.8 TFSI」と、3.2リッターV6のAWDモデル「3.2FSIクワトロ」の2モデル。価格は、「1.8 TFSI」が437万円、「3.2FSIクワトロ」は663万円に設定された。ナビゲーションシステムやフルセグ対応地上デジタルTVチューナーなどを内包するマルチメディアインターフェイスは全車に標準装備される。

 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■新型のアピールポイントは低燃費

搭載されるパワーユニットはいずれも環境性能に配慮した新世代ユニットで、燃費性能においてライバルよりアドバンテージがあることが暗にアピールされる。1.8リッター直噴ユニットは、最高出力160ps、最大トルク25.5kgmを発生。13.4km/リッターの10・15モード燃費は、先代より17.5%向上しているだけでなく、同クラスの同等の排気量のモデルと比べ、約20%のアドバンテージを稼ぎ出しているという。

また3.2リッターV6ユニットは、吸気側にアウディバルブリフトシステム(可変バルブリフト機構)を備え、同時に内部抵抗の低減を図った設計となっている。こちらは最高出力265ps、最大トルク33.7kgmを発生。10・15モード燃費は先代より9.4%の向上となる9.3km/リッターをマークする。

新型アウディA4アバント発表会 動画レポート


アウディA4アバント海外試乗記


(webCG 曽宮)

関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る