【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢

2008.07.29 自動車ニュース
 
低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

【Movie】低燃費が自慢の新型「アウディA4アバント」デビュー

アウディジャパンは2008年7月29日、新型アウディA4アバントを発表。8月19日より販売を開始する。

アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型A4アバント
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■もっとも人気のアウディ

新型アウディA4アバントの国内販売が8月19日に開始される。A4シリーズはアウディの基幹車種だが、その中でもアバントは、(日本では)セダンより販売台数が多い。A3よりデビューが早く、認知度が高いことも手伝って、A4アバントはもっとも人気のある1台となっているのだ。

ワールドデビューは、2008年3月のジュネーブショー。先にデビューしたA5やA4セダンとプラットフォームを共用しており、走行性能と実用性の両面でより高い素質を持って生まれた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4705mm×1825mm×1465mm。ホイールベースは2810mm。全高が25mm高いことを除けば、寸法はA4セダンと同じ。先代アバントと比べると全長が約120mm長く、全幅も55mmワイドになった。

モデルバリエーションは、1.8リッター直噴ターボのFFモデル「1.8 TFSI」と、3.2リッターV6のAWDモデル「3.2FSIクワトロ」の2モデル。価格は、「1.8 TFSI」が437万円、「3.2FSIクワトロ」は663万円に設定された。ナビゲーションシステムやフルセグ対応地上デジタルTVチューナーなどを内包するマルチメディアインターフェイスは全車に標準装備される。

 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像
 
【Movie】新型「アウディA4アバント」デビュー、低燃費が自慢の画像

■新型のアピールポイントは低燃費

搭載されるパワーユニットはいずれも環境性能に配慮した新世代ユニットで、燃費性能においてライバルよりアドバンテージがあることが暗にアピールされる。1.8リッター直噴ユニットは、最高出力160ps、最大トルク25.5kgmを発生。13.4km/リッターの10・15モード燃費は、先代より17.5%向上しているだけでなく、同クラスの同等の排気量のモデルと比べ、約20%のアドバンテージを稼ぎ出しているという。

また3.2リッターV6ユニットは、吸気側にアウディバルブリフトシステム(可変バルブリフト機構)を備え、同時に内部抵抗の低減を図った設計となっている。こちらは最高出力265ps、最大トルク33.7kgmを発生。10・15モード燃費は先代より9.4%の向上となる9.3km/リッターをマークする。

新型アウディA4アバント発表会 動画レポート


アウディA4アバント海外試乗記


(webCG 曽宮)

関連キーワード:
A4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.23 試乗記 991型「ポルシェ911」の集大成ともいえるスペシャルモデル「GT3 RS」に、ニュルブルクリンクGPコースで試乗。軽量ボディーに歴代GT3 RS最高となる520psの自然吸気エンジンを載せたマシンは、緊張感と高揚感をドライバーにもたらした。
ホームへ戻る