【スペック】全長×全幅×全高=4063×1721×1446mm/ホイールベース=2511mm/車重=1145kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4 16バルブ・ターボ(155ps/5500rpm、23.5kgm/3000rpm)(欧州仕様車)

アルファ・ロメオ・アルファ・ミート(FF/6MT)【海外試乗記】

入門者にも目利きにも 2008.07.29 試乗記 アルファ・ロメオ・アルファ・ミート(FF/6MT)

車名を公募するなど、その存在を事前にPRしてきた、アルファ・ロメオの新型コンパクトカー「ミート」。イタリアで、いち早くそのステアリング握った。

理屈じゃないのだ

ミラノでデザインされ、トリノで生産される。それがアルファ・ロメオの新しいコンパクトカー“MiTo”の不思議なネーミングの由来である。そして、それは同時に“神話”を意味する“mytho”の音とも掛けられているという。日本語表記は“ミート”である。

全長4.06m×全幅1.72m×全高1.44mと、147よりさらにひと回り小さいボディは、しかしそれに負けない強烈な存在感を放っている。そのスタイリングに、あの「8Cコンペティツィオーネ」のイメージを投影されているのは明らか。フロントマスク全体、サイドウィンドウのグラフィックス、LEDを用いた円形テールランプなど、そこかしこに似た雰囲気のディテールが盛り込まれている。

均整のとれた美しいデザインか? と問われたら、答に窮する。真正面から見た姿などは、かなりファニーな印象だ。けれど、つい目を奪われてしまう魅力が濃厚なのも、またたしか。ほかでもないアルファ・ロメオ。理屈じゃないのだ。

インテリアも期待を裏切らない。繊細なメーターまわりや円形のエアダクトなど、意匠はいかにもアルファらしいもの。単に必要なものを配置しただけでなく、いかに情緒を掻き立てるかというデザインがなされている。クオリティもこのクラスではハイレベル。なにしろポルトローナ・フラウ社製レザーシートまで選べるほどである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る