第51回:スマート発売10周年! イタリアで起こる「スマ・スマドライバー」現象とは?

2008.07.26 エッセイ

第51回:スマート発売10周年!イタリアで起こる「スマ・スマドライバー」現象とは?

2代目スマート10万台目の納車式。2008年4月、独ミュンヘンで。
第51回:「スマスマ」現象発生! スマート発売10周年

MoMA入りも果たし

「スマート・フォーツー」がこの7月、誕生10周年を迎えた。
仏ハンバッハの工場でスマート1号車をラインオフしたのが1998年の7月2日。以来今日までに、37カ国で90万台が売れた。

現在スマートは、ニューヨーク現代美術館に展示されている現行生産車で唯一の自動車である。輸出国も拡大中である。今年2008年初めにアメリカ上陸を果たしたのに続き、中国でも2009年中頃から発売予定だ。
さらに、2010年にはいよいよ電気自動車仕様も登場する。こちらは、すでにロンドンの法人ユーザーのもとで実験が開始されている。

トヨタの「iQ」や、フォルクスワーゲンの「Up!」、「トポリーノ」の名で登場すると噂されているフィアット製シティカーなど、全長3m弱のライバル組が登場する前夜に、スマートはその地位を着々と固めている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。